仮想通貨リップル(XRP)、仮想通貨決済プロバイダーCoinGateに追加|4500以上のオンラインショップで決済可能へ

XRP決済可能の店舗が拡大
仮想通貨決済プロセッサー企業CoinGateは仮想通貨XRPによる商業決済を追加したことを公式で発表した。XRPを用い4500以上のオンライン店舗で買い物ができる。

XRP決済可能の店舗が拡大

仮想通貨決済プロセッサー企業CoinGateは仮想通貨XRPによる商業決済を追加したことを公式 で発表した。

CoinGateの発表はこのようになる。

XRPの保有者は現在4500以上のオンライン店舗で、XRPを決済手段として、買い物ができるようになった。

CoinGateを利用する店舗(ビジネス)は、仮想通貨XRPのペイメントを受け取って、瞬時にユーロや、ビットコイン、イーサリアムに換金することができるが、XRPのままでファンドを保有することも可能である。

CoinGateはリトアニアに本拠地に置く、グローバルでビジネスと個人に向けて、仮想通貨の自動的決済サービスを提供する企業として、ビットコインやイーサリアム、ライトコインを含む50種類以上の仮想通貨銘柄による決済にも対応している。

また、CoinGateはこのようにXRP決済の利点を取り上げている。

XRPでの決済は4秒で完了し、毎秒1500以上決済を処理することもできる。

さらには、0.00001ドルというわずかな手数料しかかからず、手軽く決済ができるのは我々がXRPを決済事業の発展における重要な一環として選択した理由だ。

なお、CoinGate上でVisaとMastercardのクレジットカード/デビットカードにより、XRPを購入することもできるという。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

大阪万博を目指すSBIの「Sコイン」R3のcordaに変えXRPを入れ込んだ形で国際展開へ、仮想通貨リップルの時価総額はビットコインを超える|決算説明会
SBIの決算説明会で北尾社長は、 ・Corda SettlerとXRPの親和性の高さ ・SWIFTとR3の提携 ・xRapidが資金移動業者に利用されるようになる時期 などに言及。マスメディアとの質疑応答では、BCH情勢にも言及した。
国際送金システムSWIFTがR3の「Corda Settler」を統合|仮想通貨の利用やRipple社との提携についての言及も
大手国際送金システム企業SWIFTのCEOは「Paris Fintech Forum」にて、自社開発の新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、米ブロックチェーンフィンテック企業R3の「Corda Settler」を統合することを明かした。Corda Settlerを利用するが、仮想通貨による決済ではない可能性も高まっている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加