CoinPostで今最も読まれています

ICOプロジェクトによるイーサリアム売却、仮想通貨が大暴落した昨年11月から今年2月にかけて「計75万ETH」に到達か|Trustnode分析データ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム、11月〜2月までに75万ETH売却か
海外仮想通貨メディアTrustnodeによれば、ICOプロジェクトによるイーサリアム売却量が、11月から2月にかけて75万ETHに膨らみ、2018年の累計売却量は260万ETHに達していたことが分かった。

イーサリアム、11月〜2月までに75万ETH売却か

仮想通貨イーサリアムは、去年の今頃は1ETH=約100,000円で取引されていたが、現時点のETH価格は約13,000円と85%以上の下落を記録している。

下落の背景には、2018年の仮想市場が弱気相場であったこと、そしてそれには様々な理由が存在するが、その下落を押し下げた一つの要因は2018年夏以降に記録したICOプロジェクトによるETHの大量売却だ。

海外仮想通貨メディアのTrustnodeのデータによれば、2018年の8月に約10万ETH、9月に約30万ETH、11月には約40万ETHが、ICOプロジェクトによって売却された。

さらに12月11日には39,000ETHがICOにより売却されたほか、14日は45,000ETH、そして17日には33,000ETHと、ビットコイン価格の暴落など市況悪化に伴い売られている。ICOの日々の売却単位が通常、数百〜数千単位であることを踏まえると、極めて大量のETHが断続的に売却され、市場の全面安を加速させるなど「負の連鎖」に陥っていたことになる。

出典:Trustnode

また、Trustnodeの報告によれば、大量売却が行われた昨年11月から今年2月の間には、計約750,000ETH以上が売却されていることがわかった。

この結果、ICOプロジェクトの総保有量が去年の夏頃の時点で約330万ETHだったのに対し、今月2月の時点では約270万ETHまでに落ち込んでいる。Santimentデータによれば、2018年のETH累計売却量は約260万ETHに及び、現時点のETH保有量とほぼ同等の量が売却されたことになる。

出典:Trustnode

上記の赤四角枠は、イーサリアム財団とその他ICOプロジェクトが2019年2月までに保有しているETHの量である。

ただし、ETH大量売却の波は徐々に落ち着きを取り戻しており、現在の日々の売却量は、数百から1000+程となっている。

仮想通貨担保型

仮想通貨担保型のステーブルコインとして知られる「DAI」も、ETHを担保にすることから、DAIを保有していればETHを売却することなく法定通貨(USD)に交換する方法が、ETHの売却を留めている要因にもなっているのではないかとの指摘もある。

イーサリアム財団も、開発者のマイニング報酬をDAIで支払うことを可能にしたほか、ICOプロジェクトのRequest Networkも約2.2億円相当のETHを担保にDAIを発行するなど、DAIを使用する動きが見られている。

ICO活動の衰退

周知のとおり、ETH価格が下落した背景には、各国でのICO活動衰退が理由の一つに挙げられる。プラットフォームとして仮想通貨トークンを発行できるイーサリアムはその特性上、多くのICOプロジェクトによって頻繁に利用されてきた。

しかしその一方で、世界各国で詐欺的なICOプロジェクトが横行・蔓延したことにより、米証券取引委員会(SEC)や日本の金融庁など各国規制機関が事態に介入。法的取り締まり手段を強化した結果、ICOプロジェクト全体に先行き不透明感が広がっている。

イーサリアム需要とICO活動の活性度は相関することから、今後のICO市場に対する適切なガイドライン、また規制がどのように明確化されていくのか、今後の展開に注目する必要がある。

Binanceのローンチパッドで再燃の可能性も

このように、下火になりつつあるICOも、バイナンスのローンチパッドの状況で、再燃する可能性も出てきている。

バイナンスが手がけるICOプラットフォームによって変化した点は、以下の通りだ。

  • バイナンスによるプロジェクト審査
  • トークンセール後の上場と上場までのスピード

要するに、ICOの透明性が大幅に向上することを意味する。これまでホワイトペーパーの内容が良くても、プロジェクトやICOを行う企業がペーパーカンパニーであったり、形ばかりにとらわれていた投資が、審査を通した形で行われる。

また、ICO後に一切上場する取引所がでてこないことから、下落相場も指をくわえて見ているしかない状態も多数見受けられていたため、投資家の中で最も危険視される「機会損失のリスク」や「売却機会の損失リスク」が付き物であったICOだが、バイナンスローンチパッドでは、これを払拭している。

要するに、世界から資金調達を行える優れた点をもつICOも、この不透明性と詐欺によって大きな減退期を迎えており、透明性を持たせる動きが、信頼できる機関から出てくることで、状況は一変しかねない。

今後どのような動きになるかは、未だわからないが、ローンチパッド上でおこなったビットトレントをはじめ、バイナンス主導の動きで、今後仮想通貨市場も再燃する可能性が出てきた点には注目だ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」
現在イーサリアム財団の調査員らは、PoSへと移行する際に重要となる「VDFs」技術を導入するか否かの決断を下すため、リサーチを進めているが、同技術を導入するための規模が、約16億円に及ぶ可能性が浮上している。
『仮想通貨イーサリアム 2.0』に「スワップ・オア・ノット機能」を追加|最新進捗状況を公開
2月9日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。注目点は、新しいシャッフルのアルゴリズムを起用したスワップ・オア・ノット機能の追加である。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧