ナスダック、新たにビットコインとイーサリアム指数の提供を開始

ナスダック、ビットコインとイーサリアム指数を新たに追加
世界的取引所ナスダックが提供する4万以上の指数を誇るグローバル・インデックス・データ(GIDS)に、ビットコインとイーサリアムの価格指数が追加される事となった。

ナスダックにおけるビットコインとイーサリアム指数の取り扱い

ナスダックは米時間2月25日月曜日より、ビットコインとイーサリアムの指数をビットコイン・リキッド・インデックス(以下BLX)とイーサリアム・リキッド・インデックス(以下ELX)として、4万もの指数を誇るグローバル・インデックス・データ(以下GIDS)に新たに加えた。

1BTCと1ETHが米ドルのリアルタイム価格でGIDSに表示され、且つ、マーケットの流動性が一番高い時点で取引したものが元とされる。またデータは30秒ごとにリフレッシュされるそうだ。

BLXは2010年から、ELXは2014年から計算され、この両指数はIOSCO(証券監督者国際機構)が独立性を保った状態で監査する。

出典: Nasdaq

昨今の仮想通貨とブロックチェーン分野におけるナスダックの動き

先月はブロックチェーンスタートアップ企業のSymbiont社に対し、シリーズB投資ラウンドで2,000万USドル(約20億円)の資金調達を成功させた。

また昨年2018年11月には、2019年、マーケットに「規制された未来型の仮想通貨2.0をもたらす為」に投資企業のVanEck社と提携するとの報道があったばかりだ。

今後もナスダックの動向には大いに期待したい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米ナスダック責任者「ビットコイン先物」上場計画を公式発表|2019年仮想通貨市場に特大材料
これまで関係筋の証言ベースであった米ナスダックのビットコイン先物上場計画に関して、ナスダック コミュニケーション部門VPが、実際に進められている計画であると正式に声明を発表した。低迷相場にある仮想通貨市場だが、Bakktやフィデリティに加え、ナスダックが正式に加わった事で、期待感が高まっている。
世界2位の証券取引所ナスダック、BTC先物検討と最重要ビットコインETF企業と提携|仮想通貨関連の最新動向まとめ
米有力誌ブルームバーグが、情報筋によると、世界2位の証券取引所ナスダックは来年の第1四半期にビットコイン先物の取引開始を検討していると報道した。また、最重要ビットコインETF企業とも提携し、仮想通貨インデックスの提携を行うことが明らかになった。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加