今回のビットコイン高騰はこれまでと異なる?直近で見られた変化を読み解く|仮想通貨朝市況

仮想通貨朝市場
ビットコインが18日より続く堅調な推移を継続したことで、停滞していたアルトコイン市場にも緩和の動きが波及し、全面高を記録。依然、方向性こそ明確ではないが、今回の高騰時に複数の変化が見られた。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は19日、ビットコインが前日より続く堅調な推移を継続したことで、停滞していたアルトコイン市場にも緩和の動きが波及し、全面高を記録している。特にアルトコインの中には、前日比20%高で推移する通貨も見られるなど、主要銘柄を中心に買いが相次いだ。

この一時的に見られた堅調な推移には、今回の上昇、またはその後の余波がこれまでと異なる動きをしている事が、投資家心理に変化をもたらしていると考えられる。その理由としては、昨夜に公開した仮想通貨市況で掲載した以下の3点が挙げられる。

  • Hボラティリティインデックス低水準付近で出来高を伴う上昇
  • フラクタル構造(一部分が全体に相似する自己相似パターンの踏襲)の否定
  • 仮想通貨関連銘柄が全面高(先回りして同セクターに資金流入している可能性)

より詳しい内容は、以下の仮想通貨市況から確認できます。

ビットコイン急騰で年初来最高水準の出来高に、Mayer Multiple(メイヤー倍数)の注目度急上昇|仮想通貨市況
本日の仮想通貨市況は、ビットコインとイーサリアム価格急騰の背景を探る。テクニカル分析ではシンプソン否定が強気シグナルを示唆。BTC市場のセンチメントを示す「メイヤー倍数」とは。

特に注目したい点は、2019年以降のBTC価格推移で見られていたフラクタル構造で、類似パターン(三角保ち合い上抜けor下落からの急騰→レンジ→急落のシンプソンズ)を今回明確に否定した点だろう。

昨日からの流れを見ていくと、昨年末から抵抗帯となっていた「中期の日足トレンドライン」と、39.8万円(fib0.618)を同時にブレイクしたことで、上昇に転じたビットコインは、時点の41.3万円(fib0.5)で跳ね返されるも、上値を試しにいく動きをみせ、同ラインを上抜けしている。次点のfib0.236まで到達すれば、年初来最高値を更新することになるが、19日の7時時点では方向性を探る動きが続いている。

また、昨日の先行指標になっているイーサリアムの価格推移も現在の相場を見る上で注目したい。

また、今回の上昇時の状況で調査を行なっている中で、上述した3つの変化のほかに、3つの新たな動きが見られている。

LocalBitcoinのOTC取引 米国で過去最高を記録

P2Pプラットフォームで、各国に個人向けOTC取引を提供しているLocalBitcoinのデータにて、今回の上昇前にあたる16日まで1週間、米国の出来高が過去の水準より数倍まで急騰していることがわかった。これは、前週比で4倍に値する数値で、極めて高い水準まで上昇したことがわかる。

OTC取引は個人間での売買(相対取引)となるため、取引量が増加が、直接的に現物取引価格へ影響しにくいが、この出来高の上昇倍率は、過去の推移から見ると異常であり、米国トレーダーの動きを見る上での一つの指標になるかもしれない。

経済的、政治的な理由に加えて、ユーザーが同じエリアの仮想通貨支持者を見つけて繋がることができるなど、コミュニティ参加のきっかけになるといった側面もあるLocalBitcoinのOTC取引。ベネズエラなどの国内情勢が悪化している国で、自国通貨のハイパーインフレなどを理由にビットコイン需要が拡大し、出来高が上昇している事が確認されているが、日本や米国などの先進国では、他の取引所と同様に、下落と比例して出来高が細っていた状況にあった。

出典:CoinDance

ベネズエラの出来高推移

世界の出来高推移

今回、先進国の出来高に大きな変化が見られている点は、注目すべき内容であり、今後の推移も継続して追っていく必要がありそうだ。

主要通貨がプラス乖離に

TradingViewでTainoko氏が提供する、FX取引と現物取引の乖離を示すインデックス「Kairi Flyer」のデータによると、ビットコインを含めた主要通貨すべての乖離がプラスに転じたことがわかった。

同インデックスでは、bitFlyer FXBTCJPY、XBTUSD、ETHUSDのほかに、XRPやBCHを含む7通貨の価格を参照したデータが掲載されている。

これは、先物取引であるFXが、現物より高い価格で取引されていることを示しており、これまで下落相場にあった仮想通貨市場では、売り目線が強まっていたことから、マイナスに乖離する場面が常に見られていた。

ビットコインのロング数が昨年3月来最高水準に

また、bitfinexにおけるBTC/USDのロングポジション数が18日午後1時時点で、昨年3月末以来となる38,237BTC(約162億円)に到達していることがわかった。

12月中旬にも35000BTCまで上昇していたことが確認されているが、今回は約11ヶ月ぶりの高いロング比率に傾いた。

Bitfinexでのビットコイン価格は4000ドルの重要ラインを突破し、市場の温度感が変わりつつあるように思えるが、買い方が増えている際に、価格を誘導的に下落させ、ストップ・ロスを誘発する「ロングスクイーズ」には警戒すべき状況にもなるため、相場の状況を注意深く見守る必要がありそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインなどの仮想通貨を含む税金の「確定申告期間」始まる|簡単手順や重要事項まとめ
仮想通貨ビットコインなどの売却などで得た所得は、雑所得に分類され、「年20万円以上の所得」がある場合、確定申告が必要となる。初めての確定申告では不安が付きまとうが、「仮想通貨関係FAQ」で確認しておきたい。
SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら