米証券取引委員会(SEC)、株式上場予備調査の規制緩和を検討|全株式発行見込企業に許可する意向を示す

米SEC、株式上場予備調査の規制緩和を検討
米SECは、早期からの投資家と対話を、全ての株式発行見込企業に許可する意向が明らかにした。これまで歳入10億ドル以下の新興成長企業に限定されていた規制範囲を拡大する。登録を行う仮想通貨ICOにも適応される可能性が出てきており、注目の事例となる。

米SEC、株式上場予備調査の規制緩和を検討

アメリカ証券取引委員会(SEC)は2月19日、株式発行を準備する全ての企業が、上場準備プロセスのより早い段階において、株式公開の判断材料として投資家の見解を考慮できるようにする、“Test-the-Waters” (事前調査)改革における現行の規制対象枠を拡大する提案を承認した。

これまで、登録届出書の提出前に、投資家と協議を行うことは、歳入10億ドル以下の新興成長企業(EGC=Emerging Growth Company) にのみ許可されていたが、この提案と関連改正案により、その対象は全ての株式公開準備中の企業に拡大される。

この提案が目的としているのは、証券を発行しようとする企業が、より柔軟に機関投資家とコミュニケーションをはかることで、費用対効果の高い、市場の関心度を評価する手段を提供することだという。

公開されたSEC文書によると、今回の提案は、既に2017年に実施された別のEGC改革枠の拡大に続くものとなっている。 SECの企業財務部門によって行われたこの改正により、上場準備の初期段階において、EGCだけではなく全ての企業に対し、SECへの非公開式の申請が認められるようになった。

ロイターの報道によると、アメリカで上場する企業の数は、この20年間で半分に落ち込んだと言われている。新規株式公開を行う企業の増加促進を公約として掲げているSECのJay Clayton委員長は、このような事態が投資家の機会を奪っているとみており、規制緩和を促進することによって企業の上場プロセスを容易にし、投資機会の拡大につなげたいとの考えだ。

Clayton委員長は今回のSECの提案について次のようにコメントしている。

Test-the-Waters改革をより広い発行体に拡大することの目的は、発行企業の公募を成功に導く能力を高めるとともに、資本コストを下げることにある。

そして最終的には、投資家へ上場会社へ投資する機会を増やすことだ。

実際、私は、JOBS法(=2012年に連邦議会が制定した事業立ち上げ法)による近代化改革が、企業や投資家にいかに役立ったかを目の当たりにしてきた。

(今回)提案された規則によって、企業は公募に先立ち、より効果的に投資家と意見を交換し、重要な情報を明確に把握することできるようになるだろう。

仮想通貨ICOにも適応か?

今回の提案は、IPOに対するものだが、発行するデジタルトークンが証券として判断される場合、ICO(新規仮想通貨発行)プロジェクトにも適応されると推察される。

適応が明確となれば、ICOの透明性向上などを含めた、“Test-the-Waters” (事前調査)改革の恩恵を大きく受けることになる。

明確な規制が整備が遅れているICO に対して、SECは、ケースバイケースで判断事例を積み重ねることで、規制のあり方を模索し続けてきたが、その中で、「証券」として判断されたトークンに対しては、未登録であった場合、その発行者に対して罰金の支払いを含む、厳しい対応がなされてきた現状がある。

一方で、未登録の公募を行った場合でも、自己申告を行ったり、投資家への資金返済などの改善に向けた努力が認められるプロジェクトに対しては、罰金を課さないなど、柔軟な態度で有価証券としての登録手続きを促す方向へ向けての対応を行っているようだ。

規制緩和へ向かうIPOと、規制整備が進むICOだが、SECがこれからどのようにバランスを取っていくのか、その動向が注目される。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら