英アーセナルFC、サッカーのdAppsプロジェクトに参画

英著名サッカーチーム、ブロックチェーンアプリにライセンス認可
英著名サッカーチームのアーセナルFCは25日、ブロックチェーン技術を活用したdApp「Fantestec SWAP」に公式ライセンスを付与した。

アーセナルFC、スポーツdAppにライセンス付与

アーセナルFCは25日、ブロックチェーン技術を活用したスポーツコレクションゲーム、「Fantestec SWAP」に公式ライセンスを付与したことを発表した

ゲームは、ロンドンに拠点を置くFantastec社によって開発された。バーチャルリアリティや拡張現実、AI、ブロックチェーンなどの新しいテクノロジーを利用したファン体験を可能とする製品やプラットフォームを開発する企業である。

ゲーム内では、選手のカードや限定映像の入手、それらグッズのファン同士での交換を可能とするサービスを提供、ブロックチェーンで発行数や個体番号などを管理する事で、オンライン上の資産にも希少性を担保する仕組みをとる。

Business Wireによると、アーセナルFCのコマーシャルディレクターPeter Silverstone氏は今回のゲームのリリースについて以下のように述べている。

フットボールのファンとして、私たちは選手のカードを集めて、友達と交換をしたりして遊んできました。Fantastec Swapによって、その体験がデジタル世界でも実現されます。世界中のファンは、どこにいてもアーセナルのグッズやコンテンツへのアクセスや交換が可能となります

アーセナルFCとFantastecのブロックチェーンを利用した新たな試みであるが、今後の展開にも注目していきたい。

なお、Fantestec SWAPについては、App Storeよりダウンロード可能となっている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

国際オリンピック委員会(IOC)が「オリンピックコイン」発行を目指す方針か|北国新聞
北国新聞のコラムで、IOCが仮想通貨トークンに興味を示していると言及された。「五輪関連事業の決済について、将来的に”オリンピックコイン”で取引できるようにすることを検討している。」という。
仮想通貨VeChain(VET)基盤のdAppsプラットフォームに登録者が殺到|『フォートナイト』などへの対応も計画
VeChain(VET)基盤のdAppsゲームのPlairは現在α版のテストに1200以上のユーザーが登録している。同プラットフォームでは今後人気ゲーム「フォートナイト」や「リーグ・オブ・レジェンド」などの参戦にも対応を計画しているという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら