若い世代を50万人の顧客を持つ米レンディング企業が仮想通貨取引を開始へ 大手取引所Coinbaseとの提携で実現

レンディングサービスがCoinbaseへ展開
ソフトバンクなども出資する評価額44億ドルのオンライン・レンディング企業が仮想通貨取引所コインベースと提携、仮想通貨の取引サービスを提供する予定と報じられた。若世代にマーケット・インのポテンシャルに期待が高まっている。

レンディングサービスがCoinbaseへ展開

評価額44億ドルのオンライン・レンディングサービスSoFiが、米仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)と提携、第2四半期(4〜6月)より、SoFIのユーザーへも仮想通貨の購入・売却を可能にすることがわかった。米メディアCNBCが27日に報じた。

SoFIは、フィンテックを活用したオンラインによるP2Pレンディングやソーシャルレンディングを提供している企業で、学生ローンや住宅ローンなどを含めた若い世代を中心に50万人の顧客を有している。ソフトバンクなども出資しており、米国で勢いがあるフィンテック企業として知られている。

CNBCの報道では、SoFiのCEOを勤めるAnthony Noto氏は今回の提携について、以下のようなコメント掲載されている。

我々のユーザーは仮想通貨価格に関心を持ち、買う機会を模索している。実際に仮想通貨を買っているユーザーもすでにいる。

Noto氏は、今回の提携による提供銘柄が購入対象となるかを現段階では明かしていない。

なお、世界有数の金融機関フィデリティもCoinbaseと仮想通貨関連サービスの繋がりを持っているが、フィデリティの顧客はCoinbaseの仮想通貨のポートフォリオをそのままフィディティのプラットフォーム転用できているのは、閲覧に留まっており、購入・売却はできないため、Coinbaseの取り扱い通貨はあくまでも一つの基準としかならないだろう。

Coinbaseの最新動向

なおCoinbaseは27日、仮想通貨XRPの上場に必要なプロセスを全て終え、正式に取引を始めたことを公式で発表した。本日より以下のXRP建て取引ペアの提供が開始している。

  • XRP/USD
  • XRP/EUR
  • XRP/BTC

これにより、ニューヨーク州を除く米国、EU、イギリス、カナダ、シンガポール、オーストラリアにいるユーザーへ取引サービスを提供されるが、日本国内に関しては、まだCoinbaseは日本に向けてサービスを展開していない。

しかし公式発表では「今後も様々な地域管轄の法的規制に準拠した形で、対応国・地域を追加する可能性がある」という点から、Coinbaseの日本での動向にも注目したい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米Coinbase、正式に仮想通貨XRP(リップル)の全取引サービスを開始 4つの上場プロセスが完了
米Coinbaseは27日、仮想通貨XRPの上場プロセスを全て完了、正式に取引を開始したことをツイッター上で報告した。正式取引開始まで4つのプロセスがあり、時間を要するとの見方もあったが、上場発表から1日で正式なサービス提供開始に至った。
仮想通貨XRP(リップル)のコインベースが実現した背景と理由|仮想通貨リサーチ企業Diarが考察
仮想通貨リサーチ会社Diarは、本日CoinbaseがXRPを上場させた発表を受け、その背景と理由を考察している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら