スイスの証券取引所、仮想通貨イーサリアムに連動したETP取引を開始

スイス大手証券取引所、イーサリアムETPの取引を開始
スイスの大手取引所であるSIX Exchangeが、新たに仮想通貨イーサリアムに連動したETP商品の取引開始を発表した。

スイスの取引所、イーサリアムETP取引を開始

スイスの大手証券取引所であるSIX Exchangeが米時間5日、イーサリアムに連動するETP商品の取り扱い開始を発表した。

ETPとは

「Exchange Traded Products」の略で、意味は「上場取引型金融商品」。証券取引所で取引される、様々な投資商品という意味です。ETPの価格変動は、株式や金利など金融商品に連動しますが、資産の所有権を得ていません。ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、ETC(上場投資コモディティ)などが該当します。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

SIX Exchangeは昨年11月、世界で初めて仮想通貨のETP商品を株式市場に上場させた取引所である。Amun Crypto Basket Index (HODL5)と称された複数の仮想通貨に連動したETPを提供しており、以下5つの仮想通貨銘柄をバンドルにしたものだった。

(数字はETPインデックスの保有比率)

  • ビットコイン(48.69%)
  • XRP(25.72%)
  • イーサリアム(17.6%)
  • ビットコインキャッシュ(5.11%)
  • ライトコイン(2.88%)

バンドル型ETPのHODL5は、425,712 CHF(約4836万円)金、銀や原油取引といった金融商品を抜き、最も取引されている商品になっていることも、11月に報告されている。

出典:The Block

また、先週にはビットコインのみに連動するETPの発表をしており、今回発表されたイーサリアム版のETP商品が続いたことで、他のアルトコインに連動したETP商品が続く可能性がある。

SIX ExchangeのCEOは、2019年内にブロックチェーンを導入した取引プラットフォームの開始するべく、開発に注力していることをロイター通信の取材で明かしている

仮想通貨に対して前向きな姿勢を示すSIX Exchangeだが、これを裏で支えているのが仮想通貨やブロックチェーン技術に対して友好的なスイス政府である。

スイスの金融規制当局であるFINMAは仮想通貨事業の登録も行なっており、世界でも最も仮想通貨に対して包括的かつ友好的な取り締まりを行っている政府機関であり、多くのブロックチェーン企業もその土地に拠点を構えている。

仮想通貨事業でもBakktやフィデリティ、規制の動向に関してもSEC(証券取引委員会)やCFTC(商品先物取引委員会)など、米国を中心としたニュースや話題に注目が集まっているが、欧州でも仮想通貨に対する取り組みが進んでいるのも事実である。

スイスを筆頭に、欧州や証券取引所からの仮想通貨市場参入の動きも見逃せない。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

スイスで来週にも世界初の仮想通貨ETP取引開始へ|大型ファンダでトレンド転換の兆し
今回、認可を受けた、Amun社によって提供される、ビットコインに加え、4種のアルトコインを含んだ、「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」は、世界初、株式市場に上場する仮想通貨ETPとなる。なお、上場先の取引所については、スイスの主要取引所、「SIX Exchange」とされる。
欧州でビットコイン事業展開を行う銀行、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームを開始
仮想通貨に対して友好的な欧州リヒテンシュタインの銀行、Bank Frickが機関投資家を主に対象とした仮想通貨取引プラットフォームDLT Marketsを提供することを発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用