バーゼル銀行監督委員会「仮想通貨は脅威」|金融機関に注意喚起

バーゼル銀行監督委員会が仮想通貨について注意喚起を実施
スイスのバーゼル銀行監督委員会は仮想通貨の台頭は銀行や国際金融の安定性の脅威となり得るとレポートで言及。仮想通貨関連資産を扱う銀行へのリスク対策も公表した。

バーゼル銀行監督委員会、「仮想通貨は脅威」

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、ビットコインなど仮想通貨の台頭は銀行や国際金融の安定性の脅威となり得るとして注意喚起を行った。

バーゼル銀行監督委員会とは、1974年にG10諸国の中央銀行総裁らの合意によりスイスのバーゼルで創設された、国際業務を営む銀行を対象とした統一規制ルールを協議する機関。その拠点を、日本を含む60か国・地域の中央銀行が加盟する組織「国際決済銀行(BIS)」のバーゼル本部に設置している。

同機関は、仮想通貨の規模は現在の国際金融システムと比較すれば小規模なものであるとしながらも、それらはマネーの代替とはならないこと、価値の交換や保存において信頼できる媒体ではないことを強調。政府や公的機関によっての価値の担保はなく、”通貨”という表現は適切でないと主張した。

また同機関は、銀行と仮想通貨関連ビジネスの関わりには、マネーロンダリングやテロ資金源、詐欺やハッキングを含め多くのリスクがあるとして、それらリスクに対し銀行がとるべきとする最低限の対策を示した。その対策は以下のような内容となっている。

・仮想通貨関連資産を取り扱う場合は、その分野におけるリスクを十分に判断可能な専門性を有すること。

・明確で効果的なリスクマネージメントのフレームワークを保障すること。

・通常の財務状況の開示と同様に仮想通貨関連業務の情報を開示し、サービス展開地域の規制に従うこと。

今回、このような形で仮想通貨への注意喚起を行った同機関であるが、同機関を後援するBISは世界各国の中央銀行の70%が独自のデジタル法定通貨(CBDC)の発行を模索していると示すレポートを1月に公表している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

CoinPostの関連記事

米財務省が露銀行への制裁措置を発表、「仮想通貨ペトロ」への資金調達支援を問題視
米財務省が、経済制裁を行う南米ベネズエラの仮想通貨ペトロに資金調達支援を行なったとして、モスクワの銀行を「経済制裁対象」に加えると発表した。投資家からのベネズエラ政府口座への資金受け入れを担っていたという。
世界初の「中央銀行発行デジタル通貨」実現へ|東カリブ中央銀行が1年間のテスト実施を発表
西インド洋の東カリブ諸国が加盟する東カリブ諸国機構の中央銀行は6日、仮想通貨技術を応用したデジタル法定通貨の発行に向け、1年間のテスト版を施行することを公表した。世界初の中央銀行発行通貨の事例として注目が集まる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら