仮想通貨取引所「Coinbase Pro」が手数料体系を含めたシステム変更を発表|3月22日から導入

Coinbase Proが手数料体系を含めたシステム変更を発表
企業や機関投資家など大口向け取引を提供する大手取引所CoinBase Proは、市場の健全性を最適化するためのシステム変更を発表した。流動性や価格パフォーマンス向上を目的とする。

仮想通貨取引所Coinbase Proがシステム変更を発表

大手仮想通貨取引所Coinbase Proが、市場の健全性を最適化するためのシステム変更を実施することを発表した。

3月22日(金)の日本時間22時から実施される予定だ。

Coinbaseは、それらの変更は流動性や価格パフォーマンス、価格推移のスムーズさの向上を目的に導入されるとしている。

今回予定されるシステム変更は、手数料体系の変更を含めた以下の5つとなる。

  • 手数料体系の変更
  • テイカー・メイカー間の手数料差を少なくすることによる「流動性向上」を目的とした変更とする。

    それらの手数料は、個人の30日間の取引量に応じて変化し、今回の変更で以下の画像の通りの体系となる。

    出典:Coinbase

    これまではメイカー手数料は無料であったが、変更後は有料化、一方でテイカー手数料は減少する格好だ。

    現在の手数料のついてはこちらを参照。

  • オーダー上限の変更
  • 大口注文によるマーケットへのインパクトを抑えること目的とした変更であるとする。

    現在の上限についてはこちらを参照。

  • ティックサイズ(呼値の単位)の変更
  • ティックサイズの変更は( ETC-USD, ETC-EUR, ETC-GBP, LTC-BTC, ETC-BTC)の5つのペアで実施。

    現在のティックサイズについてはこちらを参照。

  • ストップ成行注文の廃止
  • Coinbase ProとCoinbase Primeの両方でストップ成行を廃止。

    全てのストップ成行注文は、3月22日の日本時間で22時にキャンセルされるので注意が必要。

  • 成行注文への保護ポイントの追加
  • Coinbase ProとCoinbase Primeの両方で、全ての成行注文に10%のマーケット保護ポイントを追加。

    10%を超える価格変動を伴う成行注文は、実行がキャンセルされ部分約定についても返還されることとなる。

予定ダウンタイム

CoinBase Proは今回のシステム変更に伴い、3月22日(金)の日本時間22時~22時30分の間はオフラインとなる。

再開スケジュールは以下の通りだ。

  1. 3/22@22:00-ダウンタイム開始、全てのオープンのストップ成行注文はキャンセル
  2. 3/22@22:30-マーケット再開
  3. 3/22@22:30-変更後の手数料とマーケットルールの有効化
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

CoinPostの関連記事

【速報】米Coinbase、ステラ(XLM)の上場を発表|発表で3月の高値を更新
米Coinbaseは日本時間14日、新たな取り扱い通貨として、時価総額8位に位置するステラ(XLM)のCoinbaseProへの上場を発表した。同発表によりXLMの価格は3月の高値を更新した。
CoinbaseのXRP(リップル)上場発表、なぜ仮想通貨価格は急上昇しなかった?|米Forbesが専門家の意見を掲載
米コインベースにXRPが上場した後も、大きな価格上昇は見られなかったのはなぜか?米Forbes紙が、複数の専門家の独自の理論をまとめた記事を掲載した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら