海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出

仮想通貨取引所DragonEX、ハッキング被害を受け
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。

仮想通貨取引所DragonEX、ハッキング被害を受け

CoinMarketCap上で取引高31位の仮想通貨取引所「DragonEX(ドラゴンEX)」は、25日に公式テレグラムにて、24日にハッキング被害を受けたことを明らかにした。

出典:Telegram

同取引所の管理スタッフの主張によれば、

24日、DragonEXがハッキング被害を受け、ユーザーの仮想通貨資産と取引所側の資産が不正流出した。

盗難に遭った一部の資金は取り返せたが、残りの分も取り返そうと尽力している。

すでにエストニア、タイ、シンガポール、香港などの警察側に知らせ、捜査協力をしている。

現在取引所のサービスは全て一時的に停止しており、正確な盗難資金とその復旧に関しては一週間以内に報告する。

なお、ユーザーの損失に関しては、DragonEX側が全ての責任を取る。

DragonEXは、多くのアルトコインを取り扱っている取引所で、仮想通貨データサイトCoinMarketCapによると、中ではEOSによる取引高が最も多い。

また、同取引所の管理スタッフであるJoanne Long氏は、テレグラム上で、同社の調査で判明した、盗難の資金の銘柄とその送り先となる一部のアドレスを公開し、他の取引所の協力を呼びかけている。

流出した一部銘柄は、以下の通りだ。

  • BTC
  • ETH
  • XEM
  • XRP
  • ETC
  • NEO
  • ABBC
  • LTC
  • BCHABC
  • XLM
  • XMR
  • ADA
  • ONT
  • TRX
  • BTM
  • XAS
  • ICX
  • QTUM
  • USDT

出典:Telegram

Long氏の話によれば、不正流出した一部のETHが取引所Huobi、Binanceに、一部のUSDTはBittrexなどに送金されたが、該当の取引所へ連絡を取っており、現在HuobiとGate.ioによって資金の入金はブロックされている。

執筆時点では、被害送金額に関しては、まだ明らかにされていない。

取引所のハッキング事件は、未だ絶えない状況にあり、1月にはニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaがハッキング攻撃を受け、現在もその全てのファンドが回収されておらず、先日同取引所はサービスを再開した。

もう一つの取引所の被害に関して

なお、BiKi.comというシンガポール本拠地の仮想通貨取引所も、ハッキング被害を受けた。

同取引所の公式発表 によると、「26日の早朝(0時〜7時)ユーザーのアカウントパスワードが改ざんされ、ハッカーによって仮想通貨の資金が盗まれた」と明かし、「被害総額およびその弁償プランを後日に発表する」と述べている。

なお、現在ハッキングの原因および盗まれた仮想通貨の銘柄に関して調査中とのことである。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

北朝鮮、日韓の仮想通貨取引所へハッキングで550億円相当を不正取得|国連報告の内容を日経新聞が報道
北朝鮮は、厳しい経済制裁を逃れるべく、外貨を取得するサイバー攻撃を強化、2017から18年にかけて、日本や韓国などアジア圏の仮想通貨取引所へサイバー攻撃を仕掛けていたことがわかった。約5億ドル(555億円相当)の被害がでているという。日経新聞がスクープとして報じた。
仮想通貨取引所Cryptopiaで再びハッキング発覚 被害総額は17億円以上に
今月15日にハッキング被害が報道されていた仮想通貨取引所Cryptopiaが28日、再びハッキング被害を受けていたことが調査企業Elementusの最新報告により明らかとなった。前回影響されたウォレットから再度1900万円分の1675ETHが盗まれた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら