米コインベース、イオス(EOS)など仮想通貨3銘柄を新規上場

米コインベース、仮想通貨EOS含む3銘柄の上場を発表
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは本日未明、仮想通貨イオス(EOS)、オーガー(REP)、そしてメーカー(MKR)3銘柄の上場を発表した。市場への上場インパクトも大きなことで有名なコインベース、過去の上場銘柄と発表内容から今後の予定通貨を考察。

米コインベース、EOS含む3銘柄の上場を発表

米国の大手仮想通貨取引所コインベースは時価総額上位の仮想通貨イオス(EOS)を含む主要3銘柄を上場することを発表した。

今回上場する通貨は以下の3通貨で、日本時間午前4時(太平洋標準時午後12時)から12時間はデポジットの受け入れが可能となる。

  • イオス(EOS)
  • オーガー(REP)
  • メーカー(MKR)

また今回の上場では以下の8取引ペアが追加される予定で、米国のニューヨーク州を除くコインベース対応地域で取引を提供する。

なお日本からの取引に関しては、コインベースが現在金融庁からの仮想通貨交換業者としての登録を申請中であるため、コインベースでの対象取引国には定められていない。

  1. EOS-USD
  2. EOS-EUR
  3. EOS-BTC
  4. REP-USD
  5. REP-EUR
  6. REP-BTC
  7. MKR-BTC(米国除く)
  8. MKR-USDC(米国除く)

仮想通貨メーカー(MKR)は昨年上場をする意向を示していたが、今回改めて正式な上場が発表。規制の面からか、米国以外の地域での取引に限定する。

仮想通貨取引所コインベースはまず取引オーダーの受け入れを開始してから段階的に取引サービスを提供していく方針。

日本時間9日午後4時頃に十分な取引オーダーの受け入れが確認された後、指し値注文が可能なフェーズへ移行、その後指値取引、そして最終的には指値、成行、逆指値などの全ての取引と、段階的にサービスの提供を行う。

今回の上場通貨であるイオスは常に仮想通貨時価総額においては上位に位置する通貨。Weiss Ratingや中国北京情報センターが掲載する「国際パブリックチェーン技術評価指標」において、開発頻度などを理由に毎回高い評価を得ている銘柄で、中国圏などからの支持が高いことでも有名。

さらに他の2銘柄に関しては両方ともイーサリアム上で開発されたERC20トークンである。

コインベース、相次ぐ上場発表

米国大手の仮想通貨取引所であるコインベースは以前は上場プロセスが厳しいことで有名だったが、昨年後半に上場規定を変更し、27の銘柄を含む多くの取引ペアを提供していく予定であることを明らかにしていた。

CoinPost関連記事

米仮想通貨取引所Coinbase、XRP(リップル)やステラ等27通貨の上場を検討;他4通貨の上場が決定
米大手仮想通貨取引所CoinbaseはXRPやステラなど27通貨の上場に関する調査、検討を行なっており、その他4つのERC20通貨を上場させたと発表した。全体相場が下落する中、この大型発表は今後景気を与えられるかに注目。

実際にこの判断が公表された後、12月にはシビック(CVC)、ルーム(LOOM)やディセントラランド(MANA)を含むERC20トークン7銘柄のサポート対応が発表されている。

コインベース側は既にイーサリアム規格のトークンの上場していたことで、システム対応の容易さを理由にERC20トークンのサポートをしていく意向を表明している。

2019年に入ってからは、コインベースは仮想通貨XRP(リップル)やステラ(XLM)の上場を発表するなど上位銘柄への上場サポートを強化。今回のEOSなどの流れに続いている。

CoinPost関連記事

【速報】米仮想通貨取引所コインベース、待望のXRP(リップル)上場を発表|価格も急反応で10%高を記録
米国の大手仮想通貨取引所コインベースが仮想通貨XRPの上場を発表した。仮想通貨XRPの有価証券問題などを理由に上場を見送っていたため、今回の上場には「流動性面」と「米国規制面」で大きな意味をもつビッグニュースとなる。

これまでに上場検討として発表されて上場に至っていない通貨を見ていくと、カルダノ(ADA)、ネオ(NEO)、またサムスン新型スマホのウォレット搭載が発表されているEnjin Coin(ENJ)などがzる。

出典:Coinbase

仮想通貨市場の回復が見られている中、今後コインベースがどのような通貨を上場させてくるか引き続き注目していきたいところだ。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら