IMF(国際通貨基金)理事「仮想通貨が金融業界に与える影響は大きい」

IMF理事、仮想通貨は「大きな影響を及ぼしている」
IMF理事のクリスティーヌ・ラガルド氏が仮想通貨やブロックチェーン技術を金融業界に大きな影響を及ぼす「ディスラプター(変革を齎す)」と称し、業界に対する自身の考えを示した。

IMF理事、仮想通貨は「ディスラプター」

国連の専門機関IMF(国際通貨基金)の理事であるクリスティーヌ・ラガルド氏は米時間10日、仮想通貨やブロックチェーン技術が金融業界に大きな影響を及ぼす「ディスラプター」だとCNBCの取材で語った

IMFという国際的に大きな影響力を持つ機関の中心的な人物であるラガルド氏が仮想通貨を肯定的に捉える発言を継続。金融業界へ大きな変革を与える存在であるとして、「分散台帳技術を駆使した仮想通貨やデジタルアセットは銀行などの金融システムに大きな影響を及ぼしている。」と語った。

また世界的な大手銀行が独自のデジタル通貨を発行していることも仮想通貨が銀行業界を「ディスラプト(変革を齎す)」していると説明。

具体名は明かさなかったが、JPモルガンが3月に構想を明かした独自仮想通貨JPMコインを指していると見られている。

そのほかにも欧州中央銀行が昨年11月に公表した送金システムTIPS(Target Instant Payment Settlement)など、分散台帳技術を活用できる分野は多くあると語った。

仮想通貨の影響力に期待感を示したラガルド氏だが、同時に新興技術が規制を遵守した形で発展していく必要性も強調。ラガルド氏は現状を打破するイノベーションは重要であるとしながらも「現在の安定を完全に揺るがす技術は危険である」と国際通貨基金の理事の立場として考えている。

「信頼を得るためには責任(規制に準拠してもらう)を取ってもらわなければならない。」と、今後の業界に変化を求めた。

仮想通貨・ブロックチェーンに前向きなIMF理事

ラガルド氏は以前から仮想通貨やブロックチェーン技術に対して前向きな姿勢を示している人物だ。

昨年11月、シンガポールで開催されたフィンテックフェスティバルにて仮想通貨の利点などを語り、世界のキャッシュレス化に向けた流れが加速化していく中で、仮想通貨は少なくとも検討に値すると述べていた。

また今年1月でフランス・パリで行われたフィンテック・フォーラムでは銀行業界が積極的に新しい技術を取り入れていくべきだと説明した上で、Circle社やRipple社が利便性の有る新たな事業モデルだと高い評価を下している。

▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック