テザー問題で揺れる仮想通貨取引所Bitfinexが「IEO」を計画か 中国人株主が明かす

Bitfinexが「IEO」を計画か
テザーの裏付け資産問題の渦中にある仮想通貨取引所Bitfinexが、資金調達として自社トークンセールのIEOを予定していると中国人株主が明かした。

Bitfinexが「IEO」を計画か

テザー問題の渦中にいる仮想通貨取引所Bitfinexが、自社の取引所トークンセールとしてIEO(Initial Coin Offering)を計画している可能性が浮上した。目標調達金額は10億ドルだという。ビットコインビリオネアでも知られる中国人投資家であるDong Zhao氏(@zhaodong1982)がWeiboに投稿した内容のスクリーンショットをZirui氏(@zirui_z)が公開したことで明らかになった。

Dong Zhao氏は、Bitfinex社の株主としても知られる人物で、情報の信ぴょう性が高いと見られている(Bitfinex公式からの発表は現在確認できず)。

@Zirui-z氏

@zhaodong1982によると、BitfinexがIEOを行う可能性が高く、何人かの巨大クジラはすでにUSDTで3億ドル(約360億円相当)の支援を確保している。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、資金調達のための、ICOのような仮想通貨トークンセールのこと。

従来のICOと異なり、大手取引所の上場が約束されている点や、トークンのロックアップの時間、もしくはトークンプロジェクトのセール、上場に関わる審査の欠如など懸念点が大幅に取り除かれるため、特に大手取引所が開催すれば、投資家人気も集まりやすいとされている。

今回のIEO実施がなぜ投資家の中で焦点になっているかは、Bitfinexの親会社iFinex社と米NY州司法長官がステーブルコイン「テザー(USDT)」の裏付け資産を巡り争っている動きがあるためだ。

米NY州の司法長官から出された裁判所命令の文書で、ステーブルコインのテザー(USDT)の裏付け資産約950億円の不正利用が行われているとの指摘が行われていた中で、Bitfinex社が内容を全面否定する文書を公表、意見が対立している。

しかし、Bitfinex側のCEOなどが「該当する資金は世界各国の当局によって差し押さえられているものの、紛失したわけではない」と資産の安全性を高く主張しているため、資金調達を目的としたIEO(自社トークン販売)が実施される予定であったことが明らかになれば、Bitfinex側の主張が間違っているとの懸念が再燃する可能性がある。

なお、金額面でも今回のトークンセールで目標調達金額が10億ドルであるのに対し、裏付け資産の問題で挙げられた金額が「8億5000万ドル」と、近い金額であることも話題になった理由の一つにあるようだ。

現在、USDTなどの価格解離の状況は5日を経て収束に向かっているが、焦点となるiFine側と米NY州司法長官の主張の進展が、相場の上値を重くしている動きであるため、このIEOの実施に関する内容にも新たな注目が集まるかもしれない。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら