【速報】仮想通貨取引所バイナンスでハッキング被害 7000BTCがホットウォレットから盗難

バイナンス初のハッキング、7000BTC盗難
大手仮想通貨取引所バイナンスにおいて初となるハッキング被害が起きたことが明らかになった。安全のため、当面1週間はバイナンスでの入出金が停止となる模様。

バイナンスで初のハッキング

大手仮想通貨取引所バイナンスにおいて初となるハッキング被害が5月7日に発覚したことがバイナンスの発表で明らかになった。取引所のホットウォレットから一度の取引で総額7000BTC(約45億円)が盗難された。

バイナンスはSAFUファンド(Secure Asset Fund for Users)の資金を利用して顧客資産を返済するため、ユーザー資産への影響はないとしている。盗難された7000BTCは取引所の保有するBTCの2%に留まるとのこと。

ただしハッキングの原因究明のため、約1週間ほどのセキュリティーレビューが行われ、この間ユーザーの入出金は一時停止される模様だ。

またバイナンスのハッキングの発表直後から取引所トークンのバイナンスコイン(BNB)は約10%の急落を見せている。

出典:CoinMarketCap

なお予定されていたバイナンスのCEOであるCZ氏とのAMAセッションは予定通りReddit上で行われる予定で、本日ハッキングに関するスピーチ内容が話される可能性が高まっている。

追記:バイナンスのCZ氏がAMAセッションで説明した内容はこちらから

バイナンスが仮想通貨ビットコインのロールバックに言及|ハッキング被害直後のAMAで
本日約45億円相当のハッキングが発覚した大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が予定通りAMAセッションを実施。ハッキングに関する詳細や今後の対応方針について語った。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック