ビットコイン80万円突破で米仮想通貨ファンド『寿司・プレミアム』に言及、リップルやイーサリアムなど主要アルトも全面高

ビットコインが80万円台を突破
ビットコインが高騰し80万円を上回った影響で、国内最大手の仮想通貨取引所bitFlyerでサーキットブレイク発動。相場が乱高下する中、海外投資家の見解は。

ビットコインが80万円台を突破

ビットコインは一時80万円台まで急騰、2018年9月5日以来249日ぶりの水準に。

出典:GMOコイン アプリ

これに伴い、アルトコインも全面高となった。特に顕著なのが、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネムで、いずれも前日比20〜30%の暴騰を見せている。

出典:コインチェック

bitFlyer BTCFXではプラス乖離でオーバーシュートして100万円を超え、サーキットブレイクが発動した。

サーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度のこと。基準価格(10分前の約定価格)の上下20%の変動幅が起きた場合に、5分間取引が停止され、板寄せ方式で再開されるまで注文などが行えなくなる。

これを受け、海外の大手取引所でも相場も乱高下するなどした。

出典:bitFlyer Lightning

日本勢、中国勢からの買い圧力

なお、海外勢の分析によれば、米仮想通貨ファンドPrimitiveの創設者であるDovey Wan氏は、強気相場の継続を見込んでいる。

日本の大手取引所bitFlyerは、米国の大手取引所Coinbaseに対する価格乖離が4%ほどに広がっており、Wan氏はこれを韓国の「キムチ・プレミアム」に倣って「スシ・プレミアム」と称している。同氏は、日本市場での心理的節目を80万円、中国では5万RMBと見ていた。

昨晩、12日になれば、アジア圏市場のFOMO買いが活発になると予想したWan氏の読みは的中。

香港市場は3連休で銀行などの既存金融機関がサービスを停止し、法定通貨の流入が限定される中、ビットコイン需要は供給を大幅に上回ると分析した。

さらに同氏は、この強気なモメンタムが8時間ほど維持できれば、さらなる上昇を見せる可能性が高いと予想している。

著名アナリスト、価格修正待ちか

SNS上でも有名な経済アナリストAlex Kruger氏は、今回のビットコインおよびアルトコインの高騰に対して、仮にロングポジションを持とうとするのであれば、6400ドル(約70万円)水準への価格修正を待った方がいいと、独自の見地を示している。

2017年当時、ビットコインが10,000ドル(約110万円)を突破した際も、価格の調整に対する注意を呼びかけたKruger氏は、今回の高騰を受けて、「FOMOの中で、買いに入るのは非常に感情的なトレードだ。相場が調整に入ると乱されてしまうだろう。」と懸念を示した。

なお、フォロワーによる「仮に強気相場で8,000ドル(約88万円)に到達したとしても、おそらく6900ドル(約76万円)までの調整は入るだろう」との見方に同意している。

CoinPostの関連記事

ビットコインは70万円台まで高騰、異常な強さにある「5つの理由」と今後の展望|仮想通貨市況
年初来高値を更新して70万円目前のビットコイン高騰の理由を考察、大荒れ模様の株式市場が仮想通貨市場に与える影響を探る。また、BTCドミナンス高騰でXRP/BTCは大底圏まで下落している。
ビットコイン6000ドル突破の重要性 今後の注目ポイントとアルトコインへの資金流入を考察
ビットコイン価格は9日、ドル建てで6000ドル越えを記録し、年初来高値を再び更新。心理的な節目を突破したほか、ビットコインキャッシュの分裂騒動で急落した2018年11月の下落前水準目前まで値を戻したことになる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら