仮想通貨ビットコインは伝統資産より遥かに高いリターン| バイナンスリサーチ調査

ビットコインのリターンを伝統資産と比較
市場分析部門バイナンスリサーチは直近2年間のデータで、BTCが大半の伝統資産よりも遥かに高いリターンだと分析した。ハイリスク・ハイリターンな投資性を如実に示している。

ビットコインは伝統アセットより儲かる?

ビットコインは、その高いリスクにもかかわらず、ここ最近の2年間はほとんどの伝統資産よりもはるかに高いリターンを生んでいると、Binance Reserchが報告で明らかにした。

伝統資産とは、株、原油、天然資源、ゴールドなどが分類されている。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の特徴の1つが、ボラティリティ(価格変動率)の高さだ。その価格の変動が激しい相場へ投資することに二の足を踏む人も多い。

そういったリスクはあるものの、ビットコインが他の伝統資産よりもリターンを生んでいることが明らかになった。ボラティリティの高さを不安に感じている投資家には安心材料になるかもしれない。

ビットコインは2017年に約220万円(2万ドル)まで高騰したことによって世界から注目を浴びたが、その後2018年後半には35万円(3,000ドル)ぐらいまで値を下げ、ボラティリティの高さはっきりと証明した。苦い思いをした投資家も多く、ビットコインにネガティブなイメージを生んだことも否定できない。

しかし、最近は相場を見てもわかるように、そのボラティリティの高さを発揮して約90万円まで急騰を見せている。持続した上昇で市場のセンチメントも変化し、強気相場への転換を信じている投資家も少なくない。

そんな中、仮想通貨取引所バイナンスのリサーチ部門が、ビットコインがどれだけの利益を生んでいるのか歴史をさかのぼって明らかにした。それだけではなく他の資産と比較したことは大変興味深い。

調査結果のグラフを見ると、ビットコインがここ2年間(2017年4月〜2019年4月)で生んだ利益は400%にのぼり、テクノロジー関連株が46%、アメリカのマーケット全体が36%といった数字をはるかに超えている。

ただし、それらの金融商品と比べて、乱高下しやすいなどボラティリティの高さも証明されている。テクノロジー関連株が190%、アメリカのマーケットが136%なのに対し、ビットコインは283%だという統計もある。

もしこのまま強気相場が継続すれば、仮想通貨のより一層の実用化や機関投資家の参入も期待できるだろう。今後の相場を推し量るには、仮想通貨だけではなく他の資産にまで視野を広げる必要があると考えられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら