クイズ正解で仮想通貨獲得、コインベースの教育プログラムが100か国以上で利用可能に

コインベースの教育プログラム「Coinbase Earn」が100か国以上で利用可能に
米仮想通貨取引所コインベースの教育プログラム「Coinbase Earn」の利用可能地域が100ヵ国以上へと拡大。仮想通貨に関するクイズに正解することで、仮想通貨が稼げる仕組みとなっている。

教育プログラム「Coinbase Earn」が100か国以上で利用可能に

米仮想通貨取引所コインベースが、昨年12月から開始した教育プログラム「Coinbase Earn」のサービス提供地域の拡大を発表した。100ヵ国以上(日本は対象外)での利用が可能となる。

同プログラムは、仮想通貨への理解を深めることを目的としたもので、ユーザーはそれぞれの通貨に関するクイズに正解することで、その通貨を受け取ることが出来る仕組みになっている。

現在、対応している通貨は以下の4種類、総額1億ドル以上が放出される予定だ。

  • Stellar Lumens(XLM)
  • ZCash(ZEC)
  • Basic Attention Token(BAT)
  • 0x(ZRX)

大規模なサービス拡大を狙っているコインベースであるが、今回の発表の中で、それについて次のように説明している。

今回の国際的な拡大によって、サポート対象地域の居住者はスマートフォンさえ持っていれば、コインベースの無料アカウントの設定をすることで、仮想通貨について学びながら、仮想通貨を入手することができる。

これは、数百万人以上の人々が、信頼のある安全で合法的な仮想通貨経済への架け橋を得たことを意味する。たとえそれらの人々が、クレジットカードや仮想通貨を購入するための銀行口座を持っていなくてもだ。

コインベースは、世界103ヵ国、アフリカや南米など途上国が多く存在する地域にもサービスを拡大しており、上述の通り、銀行インフラの整備が不十分な国においても仮想通貨へのアクセスを提供する意味合いは大きいだろう。また、仮想通貨への理解を深めながらという点も、業界の発展における土台づくりになる。

業界をけん引するコインベースの動きには、今後も注目が集まるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック