USDTは果たして価格安定なのか ビットコインがテザーの担保資産だったことが判明

ビットコインはテザーの裏付け資産の一つだった
ステーブルコインのテザー(USDT)を発行するテザー社が担保資産の一つとしてビットコインにテザー価格を裏付けていたことが判明した。

テザー、裏付け資産としてビットコイン含まれていた

ステーブルコインのテザー(USDT)を発行するテザー社関係者が米ニューヨーク州最高裁判所にて裏付け資産の一部としてビットコインが含まれていたことが仮想通貨メディアThe Blockの報道で判明した。担保資産の内どれ程の割合がどのような期間ビットコインに担保されていたかは現状明らかにされていない。

裁判所の書類によるとテザー社の弁護士であるDavid Miller氏の発言でテザーの裏付け資金の一部としてビットコインが含まれていることがわかった。

 

テザー社は現金や現金同等物以外の資産にも投資した経緯があり、その中にはビットコインも含まれる。

このような発言に対し、ニューヨーク州最高裁のJoel M. Cohen裁判官は以下のようにMiller氏の発言の誤った論理を指摘した。

 

テザーは仮想通貨取引における安全な資産として認識していたが、テザーがビットコインによって裏付けされていたのであれば、話が違う。変動性の高い仮想通貨にテザーが連動しているのであれば、他の通貨と変わらないのではないか。

Miller氏はビットコインへの投資は「少額」だった上、他の資産にも資金を分散したと説明したが、今後もテザー社の厳しい状況は続いていくだろう。

今年に入り再燃したテザー問題

テザー社の利用規約は長らく1テザーが1米ドルに相当する資産として説明されていたが、今年3月頃にはテザー社の同通貨に関する説明が報告なしに変更されていた。

CoinPost関連記事

仮想通貨USDT、裏付け資産の規約改訂|テザー問題の再燃に警鐘
時価総額9位のステーブルコイン、テザー(USDT)の担保となる資産の組成が変更された。担保資産として新たに「関連会社を含む第三者に提供するローンの債権」が含まれたことがわかり、疑惑の再燃に繋がる可能性が問題視されている。

米ドルだけに担保されていたはずのテザーが同系列の子会社であるBitfinex社の債権なども裏付け資産に含まれていることが疑問視されたが、今回更にビットコインにも投資されていたことが明らかになっている。ビットコインや仮想通貨に総じて言えることは価格変動性が株式など、通常の資産クラスより高いことだ。

その中でテザーなどのステーブルコインは価格の変動を著しく繰り返す相場の中で一定の「安定」を得られる資産であるはずだった。しかし実際は「ステーブル」ではなかったことが米国ニューヨーク州の裁判所にて宣誓している状態でテザー社弁護士の口から認められたことで、これまでテザーに関する疑惑がさらに確固たる事実として定まった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら