CoinPostで今最も読まれています

リップル公式東京ミートアップのメディア取材質疑応答まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル(XRP)東京ミートアップのメディア取材にCoinPostが参加
取材の様子を全編動画公開し、質疑応答の全内容を文字に起こしました。

リップル(XRP)東京ミートアップのメディア取材にCoinPostが参加

2017年11月10日、東京にてリップル社のミートアップが開催されました。

メディア専用取材での全ての質問と回答を文字に書き起こしました。CoinPostではTwitter上でユーザー様からの疑問を募集し、それを代理として質問させて頂きました。

内容公開の許可をして頂いたRipple社と、XRP事業部最高責任者ミゲル氏、リップル社Director エミ ヨシカワ氏にこの場を借りて御礼申し上げます。

※訂正とお詫び

リップル社の方々とのコミュニケーションに齟齬が生じたため、動画を非公開とさせて頂きました。

関係者の方々に多大なご迷惑をお掛けしてしまったことを、深くお詫び申し上げます。

質疑応答まとめ

質問

今、XRP事業部が一番注力しているポイントは何ですか?

答え

XRPが国際送金としてより使われるようになるには、流動性を高めるということが重要なため、そこに注力しています。

特に仮想通貨の取引所、マーケットメイカー、送金業者の方々とパートナーシップを組むということにフォーカスを当てています。

質問

送金に対する回答には様々な方法があると思います。

その内の一つがXRPを使う手法ですが、現在の状況ではXRPを使うパターンはかなり少ないと思っています。

将来的にはどの程度の割合にしたいと考えていますか?

答え

まず、金融機関でどのようにしてXRPが採用されるかをお話し致します。

現在は、比較的小さめの金融機関で採用されている状況ですが、今後大きな金融機関に採用されるために、流動性が高くなければいけない他に、いくつか重要なファクターがあります。

一つ目は、国によるフレームワークの規制が整備されていないといけません。

二つ目は、デリヴァティブの市場でそれを設置出来るようなツールがないと中々大きな金融機関を動かすことができません。

最後に、セキュリティーの問題があります。

こういったエコシステムが揃わない限り、大きな金融機関は中々動きを見せません。

よって、今はそういったエコシステムの参加者と協力して土台を作り上げているという状況です。

質問

XRPは金融機関をターゲットとしている印象ですが、個人投資家がXRPを持つことによるメリットはありますか?

答え

リップル社としては短期間の価格変動については問題として捉えていません

一番フォーカスしているのは、XRPというアセットが有用なものになるのかということです。

そのためには流動性が高くないと数々の金融機関に採用されないので、流動性に最も注目しています。

流動製が高まればゆくゆくは価格も上がるかもしれません。

例えば、日本なら非常に多くの方に協賛を頂き、また投資もしてもらっているため、ありがたく感じています。

質問

ビットコインが今「分裂騒動(Segwit2X)」で揺れていますが、BTCとXRPを比較した際のアドバンテージをどう捉えていますか?

答え

仮想通貨の強み弱みを考えた時、一番重要なのはどんなケースに対しての強み弱みになるかということです。

ここ最近のビットコインは、所謂デジタルゴールド(価値の貯蔵)と呼ばれる位置付けになりつつあります。

それに対してXRPは、一貫して送金目的として使われる通貨という前提設計となっています。また、送金に特化した機能がどんどん追加されていっている状況になっています。

送金という面に着目すると、ビットコインはProof of Workのシステムを採用している事もあり、送金にかなり時間がかかります。

また、スケーラビリティ問題も議論されています。

XRPの場合、決済速度が非常に速く、送金に関してはベストな通貨だと言えます。

質問

銀行間送金の手段として期待している投資家と、単なる投資対象として見ている投資家の二つのパターンに分かれています。 こういった二分化が起きていることについてどうお考えですか?

答え

昔からのリップルを知っている方々は、多くがリップルの持つビジョンに共鳴して頂いてると思います。

最近になり仮想通貨市場が広がり、新たな投資家の方々が参入し始めたため、当然リップルについてあまりよく知らない方々も大勢います。

しかしそれは逆に言えばリップルを知って頂ける機会がまだあるということでもあります。

そういった意味も込めて、今回日本でのミートアップを開催し、新しい情報を発表して、より我々のビジョンに共鳴して頂ける方々を増やしたいと考えました。

質問

海外の市場と比べて、日本の市場についてはどうお考えですか?

答え

日本市場はおそらく世界でも一番リップルが実践しようとしていることを知っている人が多い、知識のレベルが高い市場です。

SBIグループとも組んで積極的にやっている上、今後新たな取引所も設立されるので、注力している市場です。

CoinPost質問

前回の韓国のミートアップで、アメリカ-メキシコ間の送金について具体的な日程を発表しました。

XRPを世界中の取引に利用するとき、リップル社はXRPの時価総額がいつまでにいくらまで上がることを見込んでいますか?

答え

価格についてはなんとも言えないが、通貨のXRPの価値が高くなれば価格も高くなると思っています。

ただし、現状では具体的に言うことはできません。

質問

個人が通貨を持つことで使えるような機能は(金融機関の送金・価格の推移以外に)ビジョンにありますか?

答え

リップル社として様々なジャンルに手を出すよりも、一つを極めることをポリシーとしています。

金融機関が国際送金に関して環境を提供できるようなインフラを目指しています。

個人が知らない内に利用している状況も考えられる上、長期的にXRPを使う機会もあるかもしれませんが、現在は金融機関に提供するソリューションに特化しています。

質問

リップルトレードジャパンの社長逮捕について一言お願いします。

答え

XRPアジア(オープンソースのブロックチェーン)は誰でも利用出来ます。

リップルトレードジャパンという名前は非常に誤解を招きやすいですが、リップル社と直接的な関係はありません

数あるゲートウェイの一つであり、独立して経営されているのです。

今回の事件は残念に思いますが、日本の警察当局が迅速に動いたことはリップル社として喜ばしく思っています。

今後はライセンス製を取り入れ、よりクリーンな業界を目指しています。

質問

風評被害についてどう回復して行こうと考えていますか?

答え

日本の市場に対して積極的に情報を発信していこうと考えています。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア