バハマ中央銀行、ブロックチェーンベースのデジタル通貨システムの実現へ

バハマ中央銀行2020年までにデジタル通貨を利用した電子決済
700余りの小島から成るバハマは、ブロックチェーン基盤のデジタル通貨を使用した送金システムの構築を着実に進めている。2020年までに諸島で完全なデジタル決済の実施を目指す。

バハマ中央銀行、2020年までにデジタル通貨開始か

カリブ海の島国、バハマの中央銀行はブロックチェーン基盤のデジタル通貨を使用した支払いシステム構築に向け、着実に前進しているようだ。

バハマ中央銀行(CBOB)は5月30日、同行が発行するデジタル通貨の開発を請け負うNZIA社と公式協定を締結すると、地元メディアのThe Nassau Guardianが報道した。

CBOBは、2018年6月に政府が発行するデジタル通貨の試験プログラム導入を発表した。今年3月には、そのブロックチェーンベースの法定通貨「Sand Dollar」プロジェクトを支える技術パートナーとしてNZIA社とシンガポールのブロックチェーン開発会社Zynesisの名を挙げていた。

CBOBは、このプロジェクトを「すべてのビジネスと居住者のための、統合された手頃な価格の電子決済システム」と表現しているが、現地の金融規制に準拠し、この島国の住民にデジタル決済への平等なアクセスを提供し、現金取引とサービス提供コストの削減を目的としている。

バハマなどで直面する金融事情とは

バハマは、700余りの小島から成る島国であり、金融システムの近代化と合理化には、群島で構成される島国特有の問題を抱えている。その一つがFamily Islandsと呼ばれる遠隔の島々において、コスト削減のため、銀行の支店の閉鎖が加速したことにって、金融サービスへアクセスが困難な人々が増加した事実である。

なお銀行口座を持たない、もしくは口座を開くための身元確認が必要な文書が揃わないなど、バハマが持つ社会的要因も問題を複雑にしている。

さらにバハマでは電子送金が高額であるため、普及が遅れているという。その結果、現金ならびに小切手を使用することがより一般的となっているが、50平方キロの海にまたがる島々に人口40万人という構成の島国で、現金を物理的に移動するということは、非常に非効率で費用もかさむという。

このような事情から、CBOBとしてはブロックチェーン基盤のデジタル通貨発行と電子決済サービスの構築によって、次のような効果を期待しているという。

  • 近代化された電子決済機能への平等で拡大されたアクセスをバハマの全居住者に提供すること
  • 現金取引の減少
  • 金融サービス提供コストの削減
  • 取引の効率向上
  • 全てのコミュニティの金融システム参加の促進

CBOBは、このSand Dollarプロジェクトが実施される島については、まだ発表していないものの、バハマ中央銀行のJohn Rolle総裁は、2020年までにFamily Islandsにおいて完全なデジタル決済サービスの実施を目指していると述べている。一方、「小さな島国」というバハマと同様の条件を持った国々でも、中央銀行主導のデジタル通貨発行計画が進められている。

今年3月、東カリブ諸国機構(東カリブ海近辺の9ヶ国を統合する政府間組織)と、西太平洋のマーシャル諸島が相次いで、それぞれの中央銀行によるデジタル通貨発行の計画を発表している。

東カリブ中央銀行は、東カリブ諸国における法定通貨「東カリブドル」をデジタル化し、ブロックチェーンで発行したDXCD(デジタル東カリブ・ドル)の発行に向け、1年間の試験プログラムを実施すると3月6日に発表している。この試験後、実際に導入が実現すれば、世界初のブロックチェーン上で発行される法定通貨が誕生することとなるため、注目を集めている。

また、マーシャル諸島政府はイスラエルの送金企業Neemaと提携して、年内に独自のデジタル法定通貨ソブリン(SOV)の発行を目指していることが、3月12日、イスラエルの地元メディアにより報道された。

世界的な規模で見ると、今年初頭、国際決済銀行(BIS)の調査で、70%以上の中央銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)について研究を進めていることが明らかになったが、今後10年間で実際に発行する意図がある先進国の機関はは未だ少数派だと言える。

バハマやマーシャル諸島のような小国の事例が積み上げられ、様々な利点や課題が明らかになることで、日本を含むより多くの国々でCBDCに関する議論は高まっていくことと思われる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら