CoinPostで今最も読まれています

米SEC、100億円調達のICOプロジェクトを未登録証券の疑いで起訴

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米SEC、Kik社未登録証券の疑いで起訴へ
海外大手メッセージアプリ「Kik」の運営会社が2017年に行なったICOが未登録証券の疑いで米SEC(証券取引委員会)から起訴された。規制明確化に向けて、規制当局と仮想通貨企業の法的な戦いが始まっていく。

米SEC、Kik社未登録証券の疑いで摘発

米SEC(証券取引委員会)が2017年にICOで独自通貨「Kin」のトークンセール(ICO)を行なった人気メッセージアプリ「Kik」社を未登録証券販売の容疑で起訴したことが発表された。先週はKik社が米規制当局を直接告訴していく方針を見せた後の規制当局からの摘発であるため、今後仮想通貨業界を大きく左右する裁判が始まることが予想される。

今回の発表で、米国の規制当局であるSECは以前Kik社がトークンセール行なった際に、以下のように十分な情報を提供しなかった点や将来的な利益を約束したなどの問題点を明記した。

  • Kik社が投資商品としてマーケティングした
  • 「需要の高まりが価値を見出す」と宣伝
  • 需要が高まる機能追加などを約束
  • 実際はまだそのようなサービス・システムが確立されていなかった
  • Kik社も需要増の恩恵を受けられる

特にKik社が「将来的な利益を保証するような行為をとったことが有価証券である最大の特徴だ」とSECのサイバー部門執行部のチーフであるRobert Cohen氏も言及した。

さらにSEC執行部の共同監督であるSteve Peikin氏は「企業側にはイノベーションと連邦証券法へのコンプライアンスのどちらかを選択することはない」と述べ、Kik社が有価証券として登録しなかったことで参加した投資家が法的に知る権利を持つ情報を取得できなかったと指摘している。

2017年初頭、人気メッセージアプリ「Kik」を提供するKik社は独自トークンのICOを実施。当時換算で総額1億ドル(およそ110億円)の資金調達に成功していた。米SEC側は上記の項目が有価証券的な特徴を持っているにも関わらず、当局に登録申請を行わなかったことを問題視。

そこでSECはICO完了後にKik社に連絡を取り、未登録証券である可能性を調査していた。その後、複数回に渡り対話を重ねていたが、規制当局は昨秋Kik社にWells Noticeを通達。当局が未登録証券と見ていることが大まかに決まっていた。

Wells Noticeとは

米SECが有価証券に関する取り締まりを発令するまえに企業や人物に提出する通知書。通知はSEC側が既に判断を下しているが、罰金などを下す前の段階で該当団体に送付される。

これに対してKik社はその後12月初頭にSEC側の通達に対する反論の義を示す「Wells Response」を提出。独自通貨のKinは有価証券ではなく「通貨」としての側面が強いユティリティー・トークンであると主張しながら、仮想通貨関連の規制整備が必要不可欠であると姿勢を示していた。

また今年1月にはKik社のCEOであるTed Livingston氏がSECとの徹底抗戦を辞さない姿勢を示し、先月末には当局との裁判に向けて資金募集を開始している。

CoinPost関連記事

米SECと戦闘態勢|仮想通貨の有価証券問題で初の告訴へ
米SECに対して独自の仮想通貨プロジェクトKinが有価証券に該当した判断を告訴する姿勢を以前表明していたKik社が裁判に向け5億円相当の資金を募るサイトを特設。仮想通貨プロジェクトと米SECとの裁判事例は業界が求めていた「規制明確化」への大きな一歩として注目が集まる。

特に政治や経済において世界的な影響力を持つ米国の仮想通貨規制はいまだにグレーゾーンが多く残っている。Kik社のLivingston氏は仮想通貨規制の明確化に対する強い意志は業界全体が現状の規制に持つ不満を表していると言えるだろう。

裁判のプロセスは長期化が大方の予想だが、今後米国での仮想通貨規制を大きく左右する事例となる可能性があるため、引き続き米SECとKik社の動向には注視していきたい。

Kik社がSEC側の起訴に対する発表を公開

なお米SEC側からの起訴・摘発に対してKik社が公式見解をプレスリリースという形で発表した。

CEOのLivingston氏はSECからの起訴を「待っていた」と発言。仮想通貨の規制明確化に向けて戦う姿勢を改めて示した。

米国における仮想通貨の将来の為に戦うことを待ち望んでいる。

証券法は何百万人のユーザー、そして無数のアプリで利用されている通貨には該当するべきでないことを証明したい。

さらにSECの摘発は2017年のトークンセールに関する出来事の流れが誤解を与える内容だったと述べ、「裁判でそれを正したい」と意気込みを語った。

またKik社の顧問弁護士であるEileen Lyon氏は米SECの判断が「欠陥がある法理論に基づいてる」と説明。以下のように米規制当局の「間違い」を指摘しながら、「ハウェイテストの定義を広げているため、(SECの起訴は)司法審査に耐えられない」と述べた。

  • 資産の価値が上がる可能性への言及は利益を保証することとは違う。
  • また同じ目的を持つことは共同事業とは異なる
  • 後援者、販売人がいることは必ずしも投資契約であることを保証しない

さらに昨年11月に提出されたWells NoticeがKik社とKin財団の両方に宛てられていたが、返答として提出したWells Response後にはKin財団、およびプレセール・トークン配布後の取引も言及されなくなった点も指摘。

これをLyon氏は「SECがKinエコシステムで現在も行われている取引が連邦証券法に該当しないことを指している」と説明した。

通貨価格への影響

なお問題となっているKik社の独自通貨であるKinはSECの発表直後に-40%の急落が見られた。

出典:CoinMarketCap

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア