米仮想通貨プラットフォームが6月のビットコイン展望を「不確定」に変更、 金融市場との強い逆相関も

米取引プラットフォーム、5月分の相場レポート公開
米国の機関投資家向け仮想通貨取引プラットフォームSFOX社が5月分の相場レポートを公開した。独自の相場指標「Multi-Factor Market Index」に基づいて判断している。

ビットコインとS&P500指標で相関性確認

機関投資家などを対象とした米国の仮想通貨取引プラットフォームSFOXが5月分の月次相場レポートを公開した。

6月の相場展望を「不確定」とした他、ビットコインとS&P500との負の相関性が確認されたことなどを明記した。

SFOXは毎月価格推移と市場のセンチメント、及び業界の動向(ファンダメンタルズ)を基に独自の相場指標「Multi-Factor Market Index」を発表しており、「非常に弱気」から「非常に強気」まで7段階に別れている。6月分は先月の「やや強気」から「不確定」の移行が確認された。

不確定

出典:SFOX

相場の展望を「不確定」に変更した要因として、SFOX社は仮想通貨市場全体としては上昇が見られたものの、2017年の暴騰時のように、「買われすぎ」や価格の正当評価(フェア・バリュー)を超えているのかという点で懸念も大きいと説明。

価格急騰に飛び乗る「イナゴ買い」や、上昇に乗り遅れまいとするFOMOが、相場の価格変動率の増加に影響を及ぼしていると指摘した。

さらに特筆すべきは、5月中旬頃からビットコインとS&P500指標の間の相関性がマイナスに転じた点だ。両指標間では-0.9というかなり強い逆相関があることが確認された。

出典:SFOX

出典:TradingView

相関性がマイナスになることは一方が上昇した際、もう一方は下落する関係性があることを意味している。上記の場合、相関性がマイナスに転じる前にビットコイン価格が大きく上昇し、年初来価格で100%の上昇を記録していた。

CoinPost関連記事

年初から2倍に到達したビットコイン 初心者でもわかる仮想通貨高騰の背景
高騰相場が続くビットコインは90万円まで価格が回復。下落が続いた2018年の値動きから何が変化したのか?強い上昇トレンドの背景と最新状況を解説する。

また、このようにビットコインと米国の金融市場を代表する株価指数で相関性の変化が確認されたことは、米中貿易問題に対する懸念拡大により、リスク逃避資産として注目を集めたことも一因だとされている。

また一般的な株式と違い、P2P取引ができる点なども要因として挙げるアナリストもいる。

CoinPost関連記事

ビットコインが逃避資産として優れている理由 米仮想通貨投資ファンドCEOが解説
米国の仮想通貨投資運用ファンドのCEOであるMark YuskoがCNBCの経済番組にてビットコインが一般的な金融商品より優れている点を解説。ビットコインが逃避資産として着目される理由とは。

SFOX社は、今月は引き続き、G20首脳会議や米中貿易摩擦に関する進展を注視していきたいとしている。さらに今月末の米時間28日には、CME(シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ)のビットコイン先物期限があり、併せて注視しておきたい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら