バイナンス、新たな仮想通貨上場キャンペーンを公開 分散型取引所の人気通貨が本家に上場へ

バイナンスの新たなコミュニティ上場
仮想通貨取引所Binance、新たな上場企画を発表。従来の投票制でなく、取引高などの基準で上場するチャンスを競い合う。需要と流動性の向上に貢献するキャンペーンと見られる。

Binanceの新しい上場企画

仮想通貨取引所Binance、新たなコミュニティ上場企画を発表した。

独自の分散型取引所DEXに上場している仮想通貨銘柄の中から、出来高などの基準をもとに、本家Binance.com(既存のBinance取引所)の新たな上場銘柄を決定する。今後3ヵ月に渡り、毎月少なくとも1つの銘柄をリスティングする予定だという。

トークンの上場キャンペーン期間は、毎月の日本時間20日9:00〜来月の20日9:00、上場の結果発表はその毎月20日〜25日を予定する。

Binance DEXはバイナンス独自開発のメインネットBinance Chain上で構築された分散型取引所で、4月より正式に稼働している。現在Binance DEXに上場し、取引されている「BEP2基準」の仮想通貨トークンは、14銘柄に及ぶ。BEP2はBinance Chainで発行するトークンの基準である。また、Binance.comにも上場しているDEX銘柄を除くと、実際上場する可能性のあるDEXの通貨は、9銘柄に限られる。

Binance.comへの上場に適用する必須条件は複数あるが、主な条件は以下のようになる。

  • Binance.comに上場したい銘柄としてすでに申し込まれている点
  • Binance DEXで「毎月の20日9:00〜来月の20日9:00」において、毎日の出来高が最低5万ドル(約540万円)に達している点
  • プロジェクトは結果発表まで、ツイッター・テレグラムなどのコミュニティで最低1万人のフォロワー/メンバーを持っている点
  • 出来高の条件を満たしたプロジェクトには、Binance DEXの上場手数料が返却される
  • Binance.comへの上場に選ばれたプロジェクトは手数料無料で上場できる

また、厳しい上場基準を設けているBinanceは、上場を狙ったウォッシュトレードなどの不正行為に対する監視をするなど、公平性を重要視する姿勢を示している。

これまで、複数回のコミュニティ投票制による上場を行なってきたBinanceは、DEXと連動した上場方法を採用したことに関して、BinanceのCZ氏は「以前の投票制はプロジェクト同士でもめたり、様々なトラブルを引き起こした要因であったため、これからはより公平な方法で行おう。」とコメントを行なった。

Binance.comと比較し、出来高の乏しいBinance DEXからの上場「昇格」はBEP2トークンの流動性・価格の向上に直結する重要な要素であり、コミュニティ上場のキャンペーンは、DEXにおいてトークンの取引高を増やす効果が見込まれる。なお、DEXのベースペアとなるBNBトークンは取引手数料として利用されているため、それに対する需要も反映されるだろう。

バイナンスの最新情報

仮想通貨取引所バイナンスが米国進出を表明|世界最大手が米国に進出する重要性とは
仮想通貨取引所バイナンスが米国市場に特化した取引所「Binance US」を設立することが判明。米財務省のFinCENに登録している送金業者との提携で実現する。
バイナンスの独自ステーブルコイン、発行は2ヶ月後に予定 仮想通貨BNB高騰に影響
Binanceの独自ステーブルコインは、2ヶ月以内に発行する予定であることがわかった。仮想通貨テザーが巨大シェアを有するステーブルコイン市場の改変に取り組むという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら