CoinPostで今最も読まれています

ビットコインに資金集中、『アルトドレイン』にバイナンス・ショックが影響 専門家の意見は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンス・ショックでビットコイン8600ドル超え
アルトコインが急落し、ビットコインに資金が集まっている。その要因となるバイナンスの米国制限を解説。今後アルトがどうなるか、米国で取り扱われるアルトコインは?専門家の意見も。

バイナンス・ショック、ビットコイン高騰

ビットコインは日本時間15日、2日連続の続伸で約12日ぶりに米ドル建て8600ドル(約93万円)を超えた。

一方で、2ヶ月間右肩上がりの相場が続いていた時価総額7位に位置するBNBは、昨日仮想通貨取引所バイナンスより発表された米国のアクセス制限、いわゆる「バイナンス・ショック」を受け、一時10%以上の反落を記録。USDT建て32ドルまで価格を落とした。

出典:Binance.com

BTCとBNB、騰落率の差が鮮明になった要因として、昨日バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を9月12日より停止する発表を行なった事実にあると、業界から指摘が相次いだ。

米国ユーザーを多く抱えるバイナンスで、アメリカからのアクセス制限が行われた場合、アルトコインへの流動性に大きな影響が出るとの懸念が生じた。BNBのみならず、多くのアルトコインの売却による資金がビットコインやイーサリアムに流入してきているとの見方が広がった。

Binanceのアルトコイン出来高半減する可能性も

業界最大手のバイナンスは14日、「ユーザー利用規約」を更新し、新たに「米国ユーザーへのサービスを停止する」との制限を加えた。

この制限は9月12日より実施されるもので、利用規約を遵守しないユーザーに対して、本家Binance.comにて取引および入金が利用できなくなる。

この発表は、バイナンスが同日に「米国への進出」を発表した続報に該当するもので、米規制に遵守した「Binance US」を設立するために、まずはBinance.comの米法準拠を行うものとみられている。

BinanceUSは、BAMというサンフランシスコ本拠地の登録送金業者と提携することで運営を行なっていくとされるが、実際の日程は未定であり、アクセスの制限が市場には先行して悪材料と捉えられている。

出来高の影響は

出来高の影響として、493銘柄を取り扱うバイナンスの取引高の2〜3割を米国ユーザーが占めているとされるが、米大手仮想通貨メディアThe Blockのリサーチでは過去6ヵ月のバイナンスのアクセスにおいて、3000万ユーザーが米国から流入したものであり、実際の取引高比率はバイナンスの5割も占めているのではないかと分析も行われている。

このようなデータからも、バイナンスの米国を一時的に制限する動きは全体アルトコイン取引高に直接的な影響を与え得ると考えられる。

Alex Kruger氏の分析

著名経済・仮想通貨アナリストAlex Krugerは、バイナンスのニュースを受け、「アルトコインの厳冬が来たる。BTCと主要アルトコインにとっては吉報だ」とコメントした。

そして、上述のBNB反落を元に、Kruger氏はバイナンスを利用する既存の米国トレーダーや投資家が9月の米国サービス停止を案じて、時価総額が比較的に少ないアルトコインを売る流れ(逆FOMO)に遅れないようにすでに売却を行なっていると指摘し、実際のアルト急落チャートを提示した。

チャートが示すように、10%〜25%以上の下落を記録している通貨は時価総額が少ないもの、あるいはIEO銘柄に該当する。

しかし、このような反落現象は一時的だともKruger氏は述べている。

BNBの長期的展望は強気だろう。

バイナンス米国版の取引所は、本家Binance.comがいずれ直面しなくてはならない「規制リスク」を大幅に抑えるのだ。

昨日も言ったように、BNBの下落は買い戻しを促すものだ。

しかし、BNBを米国版で取り扱わない場合、BNBに対する需要は減少する可能性がある。ただし、これが導く結果として、相場の継続的クラッシュでなく、BNBのこれまでの優位性が抑えられ全体アルトコインのパフォーマンスのバランスが維持されることと捉えられるだろう。

米仮想通貨投資家にアルトコインの選択肢は激減か

上述したように、これまで米ユーザーはバイナンスを通じて、様々なアルトコインへのアクセス・取引を行なっている。

相対的に、米市場ではCoinbaseやGeminiといったNYビットライセンス持ちの取引所では、バラエティ豊富がアルトコインのラインナップを未だ取り扱っていない。理由は仮想通貨における連邦法律の不完備とSECによる有価証券問題の摘発の可能性にある。

PoloniexやBittrexのような多くのアルトコイン取引を提供する米国ベースの取引所も存在するが、両社とも先日不明確な規制や有価証券問題を元に、複数のアルトコインへのアクセスを米ユーザーからブロックする方針に出た。

このような環境で、アルトコインの法的ステータスは今後、米国で取引所を運営するバイナンスにとっても一つの大きな壁となると考えられる。

仮想通貨リサーチャーGoomba氏は今後、米ユーザーがアクセスできるアルトコインのリストを作成した。

このリストは、米国の規制を遵守し、取引サービスを提供する取引所が扱うアルトコインを踏まえた上で、今後バイナンス米国版が取り扱う・取り扱わない可能性のあるアルトコインの予想だ。

出典:Goomba

PoloniexやKrakenも取り扱うADAや、ETC、LSK、BAT(Coinbaseも対応)などの主要アルトコインは引き続きバイナンス米国版でも取り扱う可能性はあるとしている。

一方、【X】がつかない、白い枠にあるアルトコインは既存の米国仮想通貨取引所が取り扱っていないため、バイナンス米国版もそれらを取り扱う可能性が低いとしている。例えば、バイナンスのIEO通貨MATICやONEなども圏外になると予想されている。

なお、Goombaは、バイナンスがこれまでの法定通貨建て取引所バイナンスジャージー、バイナンスウガンダ、バイナンスシンガポールがサービス開設以来、BTC・ETH・BNBしか取り扱っていないため、バイナンス米国も最初は同じ道を歩み、すぐには多くのアルトコインを上場しないと見ている。

有価証券問題で揺れる米仮想通貨市場へ進出するバイナンスは、今回の動きで業界の多くに不安を与えているかもしれないが、昨日バイナンスのCEOを務めるCZ氏は、米国ユーザーに対するブロックについてこのように前向きなコメントした。

長期利益を得るためには、短期的な痛みも必要だろう。我々はすべての短期痛みを長期利益に変えることに努めている。

CZ氏のコメントを見る限り、アルトコイン取引高の減少などに関しては、さほど心配していないと読み取れるだろう。

Binanceなどの重要な情報記事

仮想通貨取引所バイナンス、9月より米国ユーザーへのサービスを停止|米国進出のため
Binance USの開設を発表した世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは、米規制を遵守するため、米国ユーザーへのサービス提供を9月12日より停止する。USへの引き継ぎタイミングが注目される。
『週間・仮想通貨市況』ビットコインと主要アルトコイン重要ニュースまとめ|6/8〜6/14
ビットコインや主要アルトコイン価格など仮想通貨市況に影響のあったものを中心に、直近1週間のニュースを選別。ビットコインの価格推移のほか、バイナンスの発表やBakktの先物テスト日確定など、注目ニュースが続いている。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア