7割の仮想通貨取引所が「CMC新基準」をクリア、出来高の水増し問題を踏まえ

大半の取引所がCMC新基準」をクリア
CoinMarketCapが提供するインデックスに登録される仮想通貨取引所のうち70.3%が、新データ計測法の条件を満たしていることが判明した。一部で問題視されていた出来高水増し問題を踏まえた対応となる。

7割の取引所がCMCの新指標をクリア

仮想通貨ベンチマークサイトCoinMarketCap(以下、CMC)が提供するインデックスに登録される仮想通貨取引所のうち7割が、新データ計測法の条件を満たしていることが判明した。

米大手仮想通貨メディアCoindeskの報道 によると、CMCの第一段階のデータイニシアチブ「DATA(Data Accountability&Transparency Alliance)」が完了した。

CMCに掲載される全取引所が、5月1日から起算して45日間で、より厳格なデータ開示体制を整える必要があったが、現時点で7割の取引所が「DATA」の情報開示条件を満たしており、継続的にCoinMarketCapの「出来高比重の平均価格」と「調整済みの出来高」のカテゴリーに掲載される。

CoinMarketCapは今年5月、仮想通貨取引所のより正確な出来高などのデータを向上させるために、バイナンスやBittrex、Huobiなど複数の取引所とともに、「DATA」を結成した。

データの透明性・正確性を追求する機運が高まった背景には、米仮想通貨ファンドBitwise Asset Managementが公表した「取引所の水増し」問題がある。

Bitwiseの報告 では、CoinMarketCapで報告された取引量のうち、95%がフェイク(水増しなどによる偽取引高)であり、正確な取引高を開示しているのは10の取引所に過ぎないと報告していた。

市場の信頼性と透明性を高めるために

CoinMarketCapのグローバルマーケッティングの責任者Carylyne Chan氏は、今回の進捗に対して、「CoinMarketCapへの新たな取引所リスティング方針は、今後コンテンツに参入したい取引所の新基準になる。できる限り多くの企業を掲載したい。」と述べた。

条件を満たさない取引所は、優先順位として、満たしている取引所の下に置き換えられるようになる。

さらに、CoinMarketCapは、DATAのアライアンス企業と7月中旬に開催するラウンドテーブル会議に向けて準備を整える最中だ。ティッカーシンボルや、API経由のデータ開示、DATAの第2段階における計測法を議題とする。

CoinPostの関連記事

「Cryptocompare仮想通貨取引所ランキング」bitFlyerが最高のAA評価で世界4位に
仮想通貨データ調査企業Cryptocompareが仮想通貨取引所ランキングを公開。bitFlyerが国内最高順位の4位を獲得した。 5位:Liquid 8位:バイナンス 12位:BITPoint 16位:bitbank 18位:コインチェック 19位:Zaif となっている。
仮想通貨(暗号資産)取引所の偽装取引高を是正する「信頼スコア」|CoinGeckoからの提案
CoinGeckoが仮想通貨取引所ランキングに変更を加えた。取引高とアクセス状況に乖離が見られた場合、Trust Scoreを基に取引高の正常化修正を加え、取引高の偽装行為に歯止めをかける。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら