オントロジーが日本進出へ gumi Cryptosと戦略的パートナーシップを締結

オントロジーが日本進出へ
中国で分散型パブリックブロックチェーンプラットフォームを展開するOntologyが、日本進出に向けてgumi Cryptosと戦略的パートナーシップに関する契約を締結した。ブロックチェーンのゲーム領域において重要な動きとなる。

オントロジーが日本進出へ

株式会社gumiの連結子会社であり、ブロックチェーン事業を手がけるgumi Cryptosは24日、中国で分散型パブリックブロックチェーンプラットフォームを展開するOntology(オントロジー)と戦略的パートナーシップに関する契約を締結したことを報道社向けリリースで発表した。Ontologyの日本進出に向けて動き出す。

gumi CryptosとOntologyは、ブロックチェーン技術やアプリケーションの普及を促進し、ブロックチェーン市場の発展に貢献するという共通のビジョンを有しており、Ontologyの日本進出が、日本ブロックチェーン業界の発展に大きく寄与すると考えているという。

株式会社gumi Cryptos代表取締役社長の國光宏尚氏は、Ontologyの日本進出によって、ブロックチェーン領域のエコシステム構築に向けた様々な好循環が生まれることを楽しみにしているとコメントをプレスリリースを通じて行った。

今回戦略的パートナーシップに関する契約を締結したgumi Cryptos(またgumiグループ)は、ブロックチェーンの中でも特にゲーム領域へ力を入れている企業であり、先日にもブロックチェーン向けゲームの開発を行うdouble jump.tokyoの株式取得を行っている。当時のニュースを引用した國光宏尚氏は、同ニュースを受け『ブロックチェーンゲーム更に全力で踏み込んでいきます』とコメント。ブロックチェーン業界におけるgumiの事業拡大を示唆していた。

今回Ontologyと行った戦略的パートナーシップの締結も、日本におけるブロックチェーンゲーム領域への積極的な展開を目的としたものであることが、Ontology共同創設者兼最高戦略責任者 Andy Ji氏のコメントからわかっている。

Ontologyは、時価総額22位に位置する仮想通貨ONTを有するブロックチェーンプラットフォームとして、世界的にも注目を集めるプロジェクトだ。gumi Cryptosとの提携を経て、日本に進出することは、ブロックチェーンのユースケースとして注目される領域の一つ『ゲーム領域』における日本の業界シーンを変える注目動向となるだろう。

CoinPostの関連記事

仮想通貨・ブロックチェーン業界の発展に向けた『4フェーズ』|gumiの國光社長が語る将来像
ブロックチェーンカンファレンスNode Tokyo 2018のパネルディスカッションにて、gumiの國光社長が登壇。ブロックチェーン業界は、機関投資家の参入など4つのフェーズを経て、大きく世界を変えるとした。
gumi國光社長インタビュー【前編】:ブロックチェーンで新しい経済圏をゲームの中で作る
仮想通貨・ブロックチェーン事業への参入と、子会社gumi venturesを通じて仮想通貨ファンド(gumi Cryptos匿名組合)を組成し、仮想通貨への投資を開始していることを併せて発表したgumiの國光宏尚社長にCoinPost独占インタビューを行いました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら