「ビットコイン年末価格は過去最高値の220万円」メイヤー倍数で知られる仮想通貨アナリスト

著名アナリストが年末価格を予測
メイヤー倍数で知られる海外の著名アナリストMayer氏は、独自分析の結果、2019年にBTC価格が400万円に達する可能性は極めて低いとの見解を示し、年末価格220万円を予想した。

著名アナリストが年末価格を予測

ポッドキャスト「Bitcoin Knowledge」の司会を務めるTrace Mayer氏が、2019年にBTC価格が40,000ドル(430万円)に達する可能性はかなり低いとの見解を示している。

Mayer氏はツイッターに独自分析を投稿し、Mayer氏が開発した「メイヤー倍数」を用いて分析した結果、年末価格として21,000ドル(220万円)を予想した。

第2四半期(4〜6月)におけるBTC価格は+165%の上昇を記録しており、強気の価格予想も見受けられる。

例えば、著名トレードアナリストのPeter Brandt氏は、今後のビットコイン価格のターゲットとして「10万ドル」(約1070万円)を掲げている

メイヤー倍数とは

ビットコイン(BTC)のメイヤー倍数は5月下旬、1月15日以来約500日ぶり(バブル崩壊以来初)の水準となる「1.90」に到達。6月25日時点で「2.17」を超えた。

メイヤー倍数は、Trace Mayer氏が考案した仮想通貨独自の指標で、過去データから「2.4」を超えると仮想通貨市場が暴騰しやすい傾向が検出されている。

メイヤー倍数とは

ビットコイン(BTC)の現在価格を200日移動平均線で割った数値。1.0を超え始めるとBTC価格がポジティブな地合い、2.4を超えると長期的な上昇が見られる傾向があるとされ、長期トレンドを図る上で有益な指標とされる。

CoinPostの関連記事

ビットコインはまだ「バブル相場」ではない ヤフー投資アナリストが重要ラインと注目ポイントを解説
ヤフーファイナンスの投資アナリストであるJared Blikre氏が強い上昇トレンドを継続するビットコインは仮想通貨バブルではないと言及。11000ドルを突破した次点の目標価格を解説した。
週末相場はリップル(XRP)やイーサリアムなど全面高、ビットコインの上昇要因と注目点を考察|仮想通貨市況
ビットコイン(BTC)の重要ライン1万ドル突破で週末の仮想通貨市場は全面高に。リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)も循環物色された。今週末にG20を控える中、今後の展望と現相場の注目点を独自考察。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら