欧州刑事警察機構(ユーロポール)、30億円相当のビットコイン盗難事件で容疑者逮捕

ユーロポール、30億円相当のビットコイン窃盗容疑者を逮捕
オランダ警察とユーロポールなどの14ヶ月に渡る合同捜査で、フィッシング系偽装取引所などを使用し、約30億円に相当の仮想通貨ビットコインを盗難したとして容疑者6名が逮捕された。

ユーロポール、30億円相当のビットコイン窃盗容疑者を逮捕

オランダ警察当局と欧州刑事警察機構(ユーロポール)などが協力し、14ヶ月に渡る捜査を通して、約30億円のビットコインを盗んだ6名の容疑者を逮捕した。

ユーロポール公式サイトで判明した。

ユーロポールによると、この犯罪集団が行なったビットコイン盗難は12ヶ国、被害者4,000名に及び、実際の被害者数はさらに多い可能性もある。

犯罪手法に使われていたのが、いわゆる本物の取引所サイトに似せたフィッシング系の偽装サイトで、ユーザーのビットコインウォレットへのアクセスを不正取得する手口が使用されていた。

シリアスゲームの開発も

なお先日、ユーロポールは仮想通貨を追跡するシリアスゲームの開発を現在進めていることを公表した。

このゲームは、法執行機関の職員が主な利用対象者となり、仮想通貨への理解が深まるだけではなく、ゲームを通じ、仮想通貨が絡んだ犯罪への調査能力の向上が期待される。

このように、ユーロポールは仮想通貨に関わった犯罪捜査などにも積極的に取り組んでいる。

CoinPostの関連記事

欧州刑事警察機構(ユーロポール)が仮想通貨ゲーム開発、関連犯罪の捜査能力向上へ
欧州刑事警察機構(ユーロポール)が、仮想通貨を追跡するシリアスゲームの開発を進めていることが分かった。仮想通貨絡みの犯罪に対する調査能力向上が目的の一つとされる。
欧州刑事警察機構(ユーロポール)、仮想通貨利用のマネロン犯罪を本格捜査
ユーロポールが、スペインを拠点に仮想通貨の大規模資金洗浄サービスを提供していた犯罪組織の実態解明に向け支援を行なっていた。スマーフィングなどの手口が明らかに。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら