ビットコイン(BTC)乱高下注意、海外大手仮想通貨取引所Bitfinexで17時より長期メンテ

Bitfinex長期メンテとビットコイン(BTC)市場
海外大手取引所Bitfinexで、大型アップグレードのため17時より最大7時間のメンテナンスが実施される。メンテ中は全取引を停止、ウォレットの入出金なども利用不可となるため、仮想通貨BTCの乱高下に注意したい。

Bitfinex長期メンテとビットコイン(BTC)市場

海外大手の仮想通貨取引所BitfinexおよびEthfinexは、日本時間本日の17時より、大型アップグレードのため、最大7時間に及ぶメンテナンスを行う。

メンテ中は、全ての取引サービスを停止し、ウォレットの入出金などのアクセス機能も利用不可能になる。今回のメンテの目的として、新たな「デリバティブ商品」のローンチ準備と、取引機能の改善としている。

なお、メンテ終了の10分後に取引機能の普及が予定されるという。

BitMEXのメンテで乱高下したことも

なお、昨年8月に実施されたBitMEXのメンテナンスでは、メンテナンスに入ることが予告されていたことで、そのタイミングで大きく買い仕掛けられ、ビットコイン価格が6450ドル→6800ドルまで急騰。メンテ明けに、短期的に急騰した反動で暴落するなど乱高下を見せた。

8月22日に行われた、ビットコインFX最大手取引所BitMEXのメンテナンス時には、事前に110億円相当のUSDTがBitfinexに送金されており、メンテ開始からわずか1分足らずで3万円幅以上急騰している。

昨年10月ののBitfinexメンテなど、ほぼ無風で終わったことも数あるが、大手デリバティブ取引所のメンテ前後や終了直後には、注文などの機能に負荷が掛かる可能性も考えられることから、念のため不用意に新規ポジションを建てないよう注意したい。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)が130万円突破、2つの上昇要因と今後の重要点|昼の仮想通貨市況
140万円の節目を超えるなど高騰止まらぬ仮想通貨ビットコイン(BTC)。複数の要因が追い風になっており、米CFTCによるLedgerXの現物決済BTC先物認可などの直近上昇要因と、今後の展望を解説。
ビットコイン暴騰・暴落のマネーゲーム化に注意:Bitfinexでメンテナンス告知
海外大手取引所Bitfinexにて、(日本時間)17:30〜19:30のメンテナンス8月のBitMEXメンテ時には110億円相当のテザーが事前送金され、分速30,000円級の急騰を見せている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら