米著名投資家トム・リー氏、仮想通貨ビットコイン(BTC)のハイボラティリティに肯定的見解を示す

米著名投資家がBTCのボラティリティに言及
米国の著名投資アナリスト、トム・リー氏がビットコイン(BTC)のボラティリティについて言及。その高い価格変動率に肯定的な見解を示した。

米著名投資家がBTCのボラティリティに言及

米国の著名投資アナリスト、トム・リー氏がツイッター上で、ビットコインのボラティリティについて言及を行なった。

ブルームバーグが先日公表した記事内で、「ビットコインが39%上昇し13,852ドルに達し、10分以内で1,800ドル価格を落とした」と記され、それについてリー氏が反応を示した形となっている。以下がそのツイート文だ。

ビットコイン(BTC)は、ボラティリティがかなり高い資産だが、だからこそ熟練トレーダーにとって魅力的に映る面もある。

大半の人は、中・長期的視点で見る方が適切だろう。

ビットコインの価格変動の激しさに関してはさまざまな評価があるが、リー氏はそのボラティリティの高さに肯定的だ。

ビットコイン市場は反落も

仮想通貨市場では、ビットコインが連日の上昇による過熱感への警戒などから9日ぶりに反落した。

eToroの投資アナリスト・Mati Greenspan氏がビットコインの状況について、「マーケットは落ち着きを取り戻した」とする一方で、BKCM社のCEOであるBrian Kelly氏のように下落要因としてレバレッジ過多の相場を懸念する声もあり、価格調整、または買い場とみる見方が交錯している。

そうした状況下でのトム・リー氏の発言は、投資家の注目を集めそうだ。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)9日ぶりの反落、過熱感を意識し利益確定売りか|仮想通貨専門家の見解は?
仮想通貨市場でビットコインが9日ぶりに反落。連日の上昇で過熱感が意識され売りが先行。24時間で34万円の下落幅を記録した。本日、G20と仮想通貨規制を議論するV20サミットが大阪で開催される。
ビットコインに対する中国国営メディアの見解が一変か|仮想通貨を逃避資産と位置付け
中国政府の国営通信社はBTCが投資家の「逃避資産」として資金を引き寄せていると分析。G20を控える米中政府における関税問題など、世界経済の減速を機に仮想通貨の利点が見直されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら