NEM財団が日本市場の戦略を模索 カタパルトの最新アップデートなど報告書を公開

NEM財団が6月の最新アップデートを公開
NEM財団が、6月の最新アップデート情報を公開。控えるカタパルトローンチにむけた最新アップデートのほか、日本市場の戦略を模索する内容などが公開された。

NEM財団が6月の最新アップデートを公開

NEM財団が、6月の最新アップデート情報を公開した。秋にNEM2となるカタパルトのローンチを控えるNEMは、財団のロードマップのほか、カタパルトの最新アップデート、また6月におこなったパートナーシップの概要を報告した。

注目される事項としては、日本市場の戦略を模索していることが明かされた。現在NEMの企業ユースケースの拡大を図るネム財団は、トークンのホルダーやコミュニティ層が厚い日本市場を重要視しているようだ。

その一環として、日本市場専門の企業と戦略を検討している最中にあることが今回新たに報告された。翻訳会社の募集も併せて行なっており、日本市場への情報アップデートをよりシームレスかつ正確に行う姿勢が見て取れる。

マレーシアで教育領域、ユースケース拡大などを強化

また、パートナーシップやカンファレンスなどを含めたNEM財団の活動として、マーレーシアを中心とした活動が多く報告された。

ユースケースや教育にも力をいれるNEM財団は、ブロックフリー対応の人材需要拡大を図るため、技術フリーランサーに短期間の就労ビザを発給するためのプロジェクトパートナーとしてマレーシアデジタルエコノミーコーポレーション(MDEC)と提携したほか、私立大学UCSIとパートナーシップを結びブロックチェーンの教育セッションを実施、Sains Malaysia大学とも契約を交わし、同地域におけるブロックチェーン技術の可能性とそのユースケースを共有した。

また、NEMブロックチェーンの新たなトレーニングコースとして、Holy Angel大学にて、NEM財団フィリピンが教育プログラムを通じたブロックチェーンの積極的な推進を行なったという。

ウォレットや取引所の上場について

また、ウォレットや取引所など仮想通貨XEMを採用するマーケットベースの動きも6月は多く見られたようだ。直近で上場を行なったKuCoinのほか、ウォレット部門でも、ラグーンウォレット、Atomic Wallet、Paytomat Wallet、zeux取引所への上場が決定。複数のマーケット派生プロダクトへの採用が決定した。

Zeux取引所は、デジタル銀行のソリューションとして、仮想通貨と法定通貨を採用するプロダクトを持つ企業。手数料がかからずに通貨の送金や交換の機能を提供している。同システムにXEMが採用されたことによって、近日Apple PayとSamsung Payで店頭支払いが可能になる予定があるという。XEMの決済拡充に大きな役割を果たすことが見込まれている。

カタパルトローンチも近いXEM財団、ユースケースの拡大とともに、カタパルトチームの確立にも取り組む。

日本への強化も図ることで、より私たち日本のユーザーにもXEMの話題に触れる機会も多くなることが予想される。

カタパルトのアップデート内容や、6月の内容などは、こちらのURLから確認することが可能です。

CoinPostの関連記事

10歳の天才少女が「NEM(ネム)」を利用した学習支援アプリ、KIDLetCoinを開発
NEMを利用しブロックチェーンアプリを開発した10歳の天才少女に注目が集まっている。仮想通貨やブロックチェーンのことを教わったというNEM財団に勤める母親を持つ彼女は、「子どもによる、子どものための」を合言葉に挑戦を続けている。
仮想通貨ネム(NEM)『カタパルトアップデート:ドラゴン』注目の機能を公式発表
仮想通貨NEMの次世代フル機能コアエンジン、カタパルトのサーバー第4マイルストーン『Dragon』がリリースされる。ノードが受益者用のパブリックキーを設定することで、リワード分配が可能に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら