CoinPostで今最も読まれています

Liskが新たなロードマップ(予定表)を発表、その詳細とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Lisk社がリローンチ(再始動)を発表
LiskウォレットやLisk Explorerの機能を含むLisk Desktop/ Web アプリを発表しました。2018年1月から3月にリリース予定です。
ロードマップ(予定表)を更新
2018年2月20日にリブランディング(ブランドイメージの変更)、2018年4月にSDK(開発者用ツール)を配布、2018年7月に分散型取引所、そして2017年内にLisk CORE 1.0がアップデートされます。

2016創業以来、マックス氏、オリバー氏率いるLiskチームはブロックチェーンアプリケーションプラットフォームの開発に専念してきました。

そして今回のリローンチ(再始動)は我々の発展の大事なステップであり、ベストな商品の提供を確信しています。

企業として、ブロックチェーンの未来創造に力を注ぎ、そしてLiskブランドがその結果に貢献することが最優先なのです。

2017年初め、ベルリンを本拠地とするデザイン企業Taikonauten社とブランド戦略企業であるRlevance社にリローンチプロセスに協力してもらいました。

Liskをよりよく理解してもらうために、この二社に対してLisk社のミッションやブロックチェーン技術を深く習熟させる必要がありました。

ブロックチェーン技術の利点を一般の方に共有するためには、仮想通貨界以外の企業とのコラボレーションやコントラクターとの協力が必要だと強く思います。

この思いは我々に“すべてのユーザーを繋ぐために必要な要素”を正確に与えてくれました。

Taikonauten社とRlevance社との協力の末、Liskのリブランドは先週水曜日に正式発表したリローンチに発展しました。

Lisk社がリローンチ(再始動)を正式発表

今月22日水曜日に行われたLiskミートアップで、Lisk社CEO兼共同創業者マックス・コーデック氏は来年2月20日に正式にリローンチをすると発表しました。

約束通り、新しく進化したLiskプラットフォーム、そして新しいブランドアイデンティティとウェブサイトを発表します。

重要な点

我々はLiskウォレットやLisk Explorerの機能を含む新しくインタラクティブなLisk Desktop/ Web Appを発表できることを光栄に思います。

ブロックチェーンをより利用しやすくユーザーフレンドリーにするミッションに伴い、Lisk NanoとLisk Explorerを廃止します。

そして最も重要なことは、Lisk Desktop/ Web Appに含まれる新しいLiskウォレットはホワイトペーパーから開発されたため、全く新しいユーザーエクスペリエンス、インターフェイスデザインを提供します。

これは新商品発表であり、新しいホームページに掲載されます。

これを完成させることは簡単な作業ではありませんでした。

この商品を作るために数か月の時間を費やし、ウォレットだけで数百ページを反復しました。

Liskウォレットは未来のブロックチェーンウォレットの基準になることが我々の願いです。

我々は重要な投資家のフィードバックに耳を傾けました。

質的研究を通し、ウェブサイトのオリジナルデザインルートは開発者やアプリコミッショナーと一致しないことに気付きました。

その時、我々はクリエイティブな選択肢を選ぶ決断をしたのです。そしてこの選択肢以上のものはないと思っています。

Taikonauten社とRlevance社の他にデジタルマーケティング会社のExpand Online社と協力もしています。

彼らの専門的知識はウェブサイトのテクニカルアーキテクチャーなどのたくさんの要素に変化を与えました。

今後について

Lisk社はブロックチェーン界の限界を超えていると信じます。

開拓することはとても楽しく有益でありますが、もちろんそれ独自のアップダウンもあります。

リローンチを記念して、Lisk社は正式なリローンチイベントを来年2月20日夕方ベルリンで行う予定です。

このイベントはLiskコミュニティにとって協力企業とLiskチームを生放送で聞くことができるいい機会になります。

リローンチまでのプロセスの詳細や新しいプラットフォームのショーケース、新しいブランド、ウェブサイトなどの説明を生で聞くことができます。

水曜日行われたミートアップを含め、ここで改めて我々の熱心なコミュニティの継続的なサポートに感謝したいと思います。来年2月の記念すべきイベントを共にできることをとても楽しみにしています。

Lisk Relaunch

November, 24th 2017 Lisk社ブログより

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

11月22日土曜日にベルリンで行われたミートアップで、リスク社は様々な発表を行いました。

Lisk nanoとLisk Lisk Explorerをアプリに統合するという発表は重大発表ですが、今後のロードマップについての情報も注目を集めました。

  • 2017年内 Lisk core 1.0アップデート
  • 2018年1月から3月 モバイル&デスクトップアプリ
  • 2018年2月20日 リブランディング
  • 2018年4月 SDK配布
  • 2018年7月 分散型取引所

CoinPostの独占インタビュー記事でもLisk CEO Max氏はリブランディング(ブランドイメージの変更)の延期を濁していましたが、今回の発表で確定しました。

Lisk CORE 1.0は予定通りなので、年内にLiskが再度大きく話題となることが期待出来ます

また、特に気になる情報としては、Decentralized Exchange、つまりは分散化取引所関連の何かが2018年7月に発表されるようです。

Wavesのように分散型取引所プラットフォームとしても活動していくのかもしれませんが、また詳細ははっきりとしていないため、確かなことは分かりません。

しかし、2018年のLiskの動向が更に興味深いものとなったことが間違いないでしょう。

仮想通貨リスク(Lisk)最新ニュースまとめ:価格変動に関する最新情報を随時更新
リスク(Lisk)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア