ビットコインキャッシュの上場投資商品がスイス証券所(SIX)に上場へ

BCHのETPがスイス証券所に上場
ビットコインキャッシュが、「スイス証券取引所(SIX)」に上場投資商品(ETP)として上場。ロジャー・バー氏が上場のために、25000 BCH(約10億円)の出資を行った。
ETPとは
「Exchange Traded Products」の略で、日本語では上場取引型金融商品となり、証券取引所で取引される。様々な投資商品という意味で、ETPの価格変動は、株式や金利など金融商品に連動するが、資産の所有権は得ていない。ETPには、ETF(上場投資信託)やETN(上場投資証券)、ETC(上場投資コモディティ)などが該当する。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

BCHのETPがスイス証券所に上場

ビットコインキャッシュ(BCH)が、スイス チューリッヒに拠点を構える「スイス証券取引所(SIX)」に上場投資商品(ETP)として上場された。ティッカーシンボルは「ABCH」で取引される。

なお、BCHのETP上場に際し、Bitcoin.comのCEOを務めるロジャー・バー氏が、25000 BCH(約10億円)の出資を行なったという。今回の上場について、ツイッターを通じて報告を行った。

上場されるETPは、ロンドンに拠点をおくフィンテック企業「Amun」が提供を行なう。同社の共同設立者兼CEOは「この商品が上場したことで、投資家は容易にBCHをポートフォリオに組み込むことが可能となる」と話す。

またロジャー氏は、この上場に際して以下のように語った。

ビットコインキャッシュは、仮想通貨のエコシステムやそれ以外においても、革新的なものになりつつあり、Amun社が(BCHの)世界的な普及を促進するだろう。

今回BCHのETPが上場されたスイス証券取引所は、世界で初めて仮想通貨をETP商品として上場した証券取引所(BTCに関連するETP)でもある。過去の仮想通貨ETPの出来高から、市場参加者に大きく意識される商品とはなり得ていないが、欧州で有数の規模を誇る同取引所にBCH関連ETPが上場することは、一つの大きなファンダメンタルズ要因になると考えられる。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所QUOINE、XRPとBCHのビットコイン建取引を追加 
国内の仮想通貨取引所QUOINEが24日午後1時から取引ルールを一部変更。新たなBTC建の取引ペアや証拠金対応通貨を追加したことを発表した。アルトコインの証拠金取引の利便性が大きく向上する。
XRP(リップル)とライトコインの新たなETP(上場投資商品)が発表 取引開始は4月5日|相次ぐ証券取引所への仮想通貨ETP上場事例
XRP(リップル)とLTC(ライトコイン)の仮想通貨関連ETP商品が新たに誕生する。機関向けに取引を提供するスウェーデンの証券取引所で5日より取引が開始、XRPはETP商品として2例目の事例となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら