ハードフォーク仮想通貨の税制を明確にする法案が米国会へ再提出

新たな仮想通貨免税法案が米国会へ提出
仮想通貨の税制が不明確な米IRSに対し、米国会議員は仮想通貨税制法案を再提出。フォーク通貨を対象にする同法案では納税しないペナルティを免除する。

仮想通貨税制の法案が米国会へ再提出

米国会議員Tom Emmer氏は再び仮想通貨税制に関する法案を提出した。「投資家のハードフォーク仮想通貨避難港 」と名付けられたこの法案は、フォーク(分岐)した通貨の税制を明確にするもの。

この法案は本来2018年に提出されたが、中間選挙などがあったため、法案は一度「期限過ぎ」になった。

この法案では、投資家がハードフォークによる新たな仮想通貨の発生に対して、税金を支払わないことに該当する罰金を負うことが免除される。現在、フォーク通貨は内国歳入庁(IRS)が定義する「未申告所得」に該当する。

つまり、この法案が仮に成立した場合、「未申告所得」の違反を免れることになる。

CoinCenterという米D.C.にある著名仮想通貨推進団体は、IRSの仮想通貨税制ガイドラインが明確でないため、再提出された法案は確実性をもたらすと見ており、同団体のシニア研究員であるJames Foust氏 は、「仮想通貨の税制を明確にしていないIRSは国会議員を動かしている。」とコメントした。

CoinPostがおすすめする注目記事

藤巻議員、「仮想通貨税制改正」に関する国民の請願書を国会提出
藤巻議員は、国民が国政に対する要望を直接国会に述べることのできる制度を利用し、通常国会会期末に仮想通貨税制改正に関する要求を提出した。売買益の総合課税55%の税率から分離課税による20%への引き下げ等を要求したもの。
米国納税期限が15日に迫る中、米議員らがIRSに「仮想通貨税制度」の明確化を再要求
20人以上の米議員が、日本の国税庁にあたるIRSに対して、仮想通貨税制度の明確化を再要求した。米議会での「トークン分類法」の提出など、米国内で法整備に向けた動きが活発化している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら