米機関投資家向け投資ファンド「グレースケール」、ビットコインなどQ2の運用資産が過去最高を記録

「グレースケール」Q2の運用資産が過去最高金額
米最大手機関投資家向け仮想通貨投資ファンド企業は、2019年Q2における投資運用資産額が約3000億円を記録した。利用者の8割が機関投資家で、ヘッジファンドが大半を占めるという。

「グレースケール」Q2の運用資産が過去最高金額

米最大手機関投資家向け仮想通貨投資ファンド企業は2019年第2四半期における投資運用資産額が再び最高値を記録し、27億ドル(約3000億円)に及ぶという。

Q2とは、4月〜6月とのことを指す。

グレースケールが公開した最新報告書によると、7月15日付きで計27億ドルの運用資産額に増加している。前四半期より3倍ほど増えたという。

Q2に増加した資産は8480万ドル(約92億円)で、Q1の倍となる。

なお、2018年7月〜2019年Q2までに、自社投資商品を投資を利用していた投資家の8割以上(84%)が機関投資家であり、ヘッジファンドの顧客がメインだったとしている。Q2はグレースケールの提供する10の投資商品がはじめて全て黒字になった。

出典:grayscale.co

中でも、ビットコインの投信商品「GBTC」は最も高いリターン率である178.8%を出している。

グレースケールが報告したQ2のATH資産運用総額には、ビットコインの高いパフォーマンスを記録した5月、6月の成長率が反映している。ビットコインは4月の上昇に続き、5月の大型カンファレンス「コンセンサス」の開催直前より強気相場に転じて、そして6月21日には大台である10,000ドルを突破した。

米有力紙WSJが先日報道したところによると、グレースケールのGBTCは今年ですでに300%弱ほど上昇してきており、同時期ではS&P500やグローバルダウといった伝統市場のインデックスのパフォーマンスを遥かに上回る投資インデックスだったという。

CoinPostの注目記事

暴落止まらぬビットコイン(BTC)、日米の下落要因が相場の重しに|仮想通貨市況
暴落の続く仮想通貨市場。1万ドルを大きく割り込んだビットコイン(BTC)の下落要因に日米市場の影響も。ETHやリップル(XRP)などのアルトコインも危険水域にあり、10日時点で38.6兆円だった総時価総額は1週間で-29%安の27.6兆円まで激減した。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【8/15更新】
「8/15更新」バイナンスは9月に、米国ユーザーのサービス停止を実施。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら