ナスダックとCitiグループ、提携するブロックチェーンプロジェクト開発を断念か

米ナスダックとシティグループによるブロックチェーンプロジェクト、開発断念か
ロイターは16日、ナスダックとシティグループが2017年から開発を進めていた、非公開での証券取引の効率化を図るブロックチェーンプロジェクトが中断されたと報じた。法人向け決済サービスとの連携を目指していた。

ナスダックとシティグループ、ブロックチェーンプロジェクトの開発断念か

ロイターは16日、ナスダックとシティグループが、およそ2年前から共同開発を進めていたブロックチェーン活用の新システム開発が中断されていると報道した。

同新システムは、非公開での証券取引の効率化を図るもので、ナスダックのブロックチェーン技術とシティグループの法人向け決済サービスとの連携を目指していた。

情報筋によると、すでにプロジェクトはテスト段階には漕ぎ着けていたものの、実用化にはコストがかかりすぎるとの理由で開発がストップしたという。また、ブロックチェーンに関しては、依然として輝かしいものであるとしながら、広く普及するまでには時間がかかるだろうとも述べた。

ナスダックはアメリカの証券取引所を運営する企業で、ブロックチェーン関連の技術開発にも積極的に取り組んでいることが知られており、同社のCEOであるアデナ・フリードマン氏はアメリカの証券取引所運営企業における初の女性CEOであるとともに、仮想通貨に対し、前向きな発言を行なっていることでも話題となった。

CoinPost関連記事

世界2位の証券取引所ナスダック、BTC先物検討と最重要ビットコインETF企業と提携|仮想通貨関連の最新動向まとめ
米有力誌ブルームバーグが、情報筋によると、世界2位の証券取引所ナスダックは来年の第1四半期にビットコイン先物の取引開始を検討していると報道した。また、最重要ビットコインETF企業とも提携し、仮想通貨インデックスの提携を行うことが明らかになった。

ブロックチェーンに関しては、特にペイメントや取引所といった金融面での活用が期待され、相次いで大企業による参入が発表されているが、これまでに実用段階に達したものは決して多いとは言えない。過去4年間で発表された銀行を含む大企業の関わる33のブロックチェーン関連プロジェクトの多くは、未だにテスト段階の域を出ていないと見られている。

以下は、Greenwich Associatesの調査による企業のブロックチェーンプロジェクトの内訳を示している。

Greenwich Associates 2018 Blockchain Adoption Study

以上のように、一時期に比べブロックチェーンに対する期待は落ち着きを見せているといえるが、一方で依然としてブロックチェーンに寄せられる期待は高いとする見方もある。

IBMのゼネラルマネジャーを務めるMarie Wieck氏は、ブロックチェーンには過大な期待が寄せられていたとしつつも、ブロックチェーンがもたらす利益に期待を示していおり、これらの企業の幹部は今後もブロックチェーンに対し投資を行なっていくだろうと発言している。

また、先月にはフェイスブックが独自の仮想通貨を発表し、各国の政府系機関などからは大きな反発を招いている。特に、米議会ではこれに反発する動きが盛り上がりを見せており、仮に厳格な規制が適用されれば、ブロックチェーン業界は法律面でも足止めをくらいかねない状況となるだろう。

CoinPostの関連記事

30以上の政治・市民団体・5名の議員、フェイスブックへ「仮想通貨リブラ」の中止を求める声明
30以上のリブラ反対団体の請願を受けた国会議員は先日の下院金融サービス委員会の理事長の要求に加わって、リブラの中止をフェイスブックに求めている。
大手パソコンメーカーLenovoが米IBMと協業|カスタマーサポートでブロックチェーン採用へ
大手パソコンメーカーLenovoはIBMとの協定を発表。Lenovoのカスタマーサポートの効率化を図るため、IBMのブロックチェーン技術を導入するという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら