仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引にEOS、LINKのペアを新たに追加

バイナンス、証拠金取引にEOS、LINKのペアを新たに追加
バイナンスは先日正式に開始した「証拠金取引」に、「EOSとLINK」を新たに追加した。*日本や米国での利用は対象外。

バイナンスの証拠金取引にEOS、LINK

7月11日に「証拠金取引」を正式に開始したバイナンスは、新たな取引ペアを上場させた。

新たに上場した銘柄は、EOSとLINKとの2つだ。

そして、新たに追加された取引ペアはこちらの4つだ

  • EOS/USDT
  • EOS/BTC
  • LINK/USDT
  • LINK/BTC

なお、すでに取引されている通貨銘柄は、BTC、ETH、XRP、BNB、TRX、USDTとの6つで、EOSとLINKを加え計10銘柄に増えた。

バイナンス証拠金取引の適格ユーザーになるためには、本人認証KYCを行う必要があり、米国・日本などは「ユーザー対象外国リスト」に入っている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、韓国に法定通貨建て取引所を設立か|地元メディアが報道
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスが、法定通貨建ての取引所を韓国に設立する計画を進めていると、現地メディアが報道。同社CEOのCZ氏は詳細は不明としながらも、現地パートナーと話を進めていると明かした。
仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引を正式に開始|日本や米国は対象外
仮想通貨取引所バイナンスが「証拠金取引(マージントレード)」のサービス提供を発表した。日本と米国は対象外だが、ショートポジションの売り圧力により、アルトコイン市場の急落に拍車をかけたとの見方も。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら