G7財務相・中銀総裁会議、「仮想通貨リブラなどステーブルコインも最高水準の金融規制を満たす必要性」

G7 財務大臣・中央銀行総裁会議の議長総括
金融庁が公表したG7財務大臣・中央銀行総裁会議の総括にて、リブラなどのステーブルコインを「金融システムの安定」や「消費者保護」の対策対象として、IMF世銀年次総会までに最終報告を出す方針が示された。

G7、リブラ最高水準の金融規制を求める

7月17日から18日にかけて、フランス・シャンティイで開催されたG7財務大臣・中央銀行総裁会議の議長総括(仮訳)を金融庁が公表したが、特筆すべきは、「ステーブルコイン及びその他の様々な金融商品」が独立した項目として明示されている。

金融セクターにおける技術革新は大きな便益をもたらす可能性があるが、それらはまたリスクも伴うものであるとした上で、以下のように述べている。

リブラのようにグローバルで潜在的にシステミックな足跡を伴う取組みを含め、今後実現する可能性のあるステーブルコイン及びその他の現在開発されている様々な金融商品は、深刻な規制上ないしシステミックな懸念とともに、幅広い政策上の課題を引き起こすことで合意した。

G7の大臣と総裁らは、この「システミックな懸念」において、リブラのようなプロジェクトが国の通貨制度やグローバル準備通貨システムの機能にも影響をもたらし得ることに一致した見解を示した。

そして、ステーブルコインとしての特徴を持つと見られるフェイスブックの仮想通貨リブラを含めた対策の要点として、「ステーブルコインのイニシアティブや運用者には金融システムの安定や消費者保護を脅かすことがないよう、最高水準の金融規制を満たす必要がある」としている。

こうした懸念や課題は、フェイスブック社やその他の企業がプロジェクトを実施する前に対処する必要があるとして、実際にスタートする前に、さまざまな課題をクリアにすべきだという認識も示している。一方で議長総括では、国境を超える決済システムが顕著に改善される可能性に触れ、一定の評価もしているという。

具体的な検討を行う「G7ステーブルコイン作業部会」は、米時間10月14日に開催される予定のIMF世銀年次総会までに最終報告を出すよう見込まれている格好だ。

CoinPostの注目記事

フェイスブック社CEO、仮想通貨リブラを自社SNSプラットフォームで運用 インスタも含まれる可能性
フェイスブック社のザッカーバーグ氏が仮想通貨リブラの構想を明確にした上で、自社SNS(複数)で利用する旨を伝えた。傘下SNSサービスには、フェイスブック・インスタグラム・WhatsAppと3つの巨大サービスがある。
V20が閉幕 仮想通貨業界の国際協力を目的とした新組織を設立
G20首脳会談と並行し、2日間の日程で開催されたV20仮想通貨(暗号資産)サミットが6月29日に閉幕。仮想通貨業界のルールで国際的な統一を図るため、新たな組織を設立するという覚書を締結した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら