CoinPostで今最も読まれています

リップル社が語る「有益な仮想通貨規制」 米公聴会目前

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社責任者、「有益な規制」の重要性を強調
31日に予定される上院公聴会を前に、リップル社のシニアVPを務めるMonica Long氏が有益な規制の重要性を再び強調した。理想な規制とは何か、発言内容と注目ポイントをまとめた。

リップル社責任者、「有益な規制」の重要性を強調

31日に予定される上院公聴会を前に、リップル社のマーケティング・シニアVPを務めるMonica Long氏が、国会に向けて「原則ベースの規制アプローチ」の重要性を再び強調。制限的規制・法律はイノベーションを抑制するものに過ぎないとの見解を述べた。ブルームバーグのインタビューでの一幕だ。

トランプ政権の仮想通貨に対する疑問視をはじめ、米国会両院などでも見られたリブラへの懐疑的見解に対して、仮想通貨業界では警戒感が高まっている。

Long氏は、「フェイスブック社のリブラホワイトペーパーは確かに世界の注目を仮想通貨に向かせたが、フェイスブック社が仮想通貨業界を代弁するべきではない。」と話し、インタビューを通して米国会へ規制のアプローチに関するメッセージを伝えた。

昨日CEOのGarlinghouse氏らが国会に向けて「仮想通貨別の分類」を訴えたていたが、Long氏によるとこれが、同社CEOが声明文を執筆した目的であるとした。

また、31日の公聴会で証言を行うサークル社のCEOが提出した冒頭証言内容や、他に公聴会に参加するメンバーリストから、業界から多様な意見・提議を包括的に取り入れることを目的とした公聴会であることがわかると言及した。議員もこれを通じて業界内に多様なプレイヤーがいることを認識すると見ているという。

今回の公聴会では、サークルのCEO以外に、国会リサーチサービス機関の会員と著名大学UCIの法学教授が参加。議員らが異なる分野における有識者の意見を求める予定だ。

リップル社、米国会への声明をWSJの広告で掲載

リップル社の仮想通貨に係る声明文、有力紙WSJに掲載 31日の米上院公聴会を控え
リップル社が公開した米国会への声明文が、米ウォール・ストリート・ジャーナルにも掲載された。全米トップ有力紙の拡散力で、明確な規制・仮想通貨の分類の必要性を伝える意図があると見られる。

公聴会では、どのような規制を求めるのか?

米国の仮想通貨規制は、州レベルで複数の先進的な法整備が進んでいるが、連邦レベル(国レベル)で明確な規制・法律が欠如ししており、日本やフランスなどの国に遅れていると指摘されている。

リップル社やCoinbaseなどが米企業である以上、米規制の明確化を求めるのは必然であるが、Long氏は米規制が整うことで、イノベーション大国として米国が業界のグローバルリーダーの立ち位置を確立できると考えているとして、以下のように見解を示した。

米国の規制は本来、ルールを守る企業がこの後ブロックチェーンのような技術を利用しイノベーションを継続させるためのものだ。

この点に関しては、90年代のインターネットグローバル規制枠組みを設定したように、米国はイノベーション大国としてグローバルリーダーの立ち位置を持ち続けられる。

この考え方は、国会に知ってもらいたい。

その中で、リップル社の業界における立ち位置は、規制当局や政府と寄り添って運営していくことであるとして、「リップル社のような既存の仮想通貨企業は米国・国際規制を遵守している。KYCやAML、テロ資金対策などのコンプライアンスを十分に守っている。」と言及。既存の金融機関に取って代わるのでなく、提携することこそがリップル社の事業目標であると述べた。

これは、昨日Garlinghouse氏の声明文でも書かれた内容でもある。

また、根本的にリップル社はデジタル通貨が米ドルのような主要法定通貨にとって変わる代替品ではなく、補完するものだと考えていることを明かした。

有益な規制とは?

最後には、Long氏はこのようにリップル社が望む「有益な規制」について以下のように語った。

リップル社が期待する規制は、90年代のインターネット規制のような、制限を設ける規制ではなく、原則ベースのアプローチだ。これが「良い規制」である

制限的規制・法律はイノベーションを抑制するものに過ぎない。

特徴・機能をもとにデジタル通貨を分類することが重要である。

そのような発言の上で、どの業界にも、ルールを守る企業とそうではない企業が存在するが、そうした状況だからこそ、広範囲をカバーする「有益な規制」が必要になるとした。

有益な規制があれば、ルールを守る企業がイノベーションを継続させながら、金融システムをより効率にすることができる。同時にルールを守らない企業は淘汰される運命にあると見ている。

理解してほしいのは、今の仮想通貨業界は、シルクロードのような違法商売が支配していた時代とは違う。

例に挙げれば、リップル社はこれまですでに200以上の金融機関と提携を結んでいるが、各国の金融機関はすでに規制されている企業・機関だ。

31日に米公聴会を控える仮想通貨業界。イノベーションを重要視したムードとなるか、リブラなどの通貨とパブリックチェーンの通貨が同様の規制の枠組みとみなされるか。業界における注目度は高い。

参考資料:ブルームバーグ

CoinPostの注目記事

どうなる?31日の米公聴会 仮想通貨規制に関する証言要旨が一部公開
日本時間7月31日に開催される米上院の公聴会。冒頭証言の要旨が公開され、仮想通貨規制に関わる議論内容が一部判明した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧