SBIVC、仮想通貨板取引の「VCTRADE Pro」開始|JPY建XRP、BTC、ETHの3種類

SBIVC、仮想通貨板取引の「VCTRADE Pro」開始
SBI VCトレード株式会社は31日、仮想通貨の取引所方式での仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE Pro」を開始することを発表した。取扱ペアはXRP/JPY、BTC/JPY、ETH/JPYの3種類で、今後ともサービスを拡充していくとしている。

SBIVC、仮想通貨板取引の「VCTRADE Pro」開始

SBI VCトレード株式会社は31日、仮想通貨の取引所方式での仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE Pro」を開始することを発表した。

取扱ペアは、XRP/JPY、BTC/JPY、ETH/JPYの3種類で、顧客の取引ニーズに応えるためとしている。

板取引とは、販売所形式と異なり、各仮想通貨の買値と売値を提示して約定した場合、全ての顧客注文を板に表示し、VCTRADE社が顧客同士の現物仮想通貨の売買契約を媒介する方式となる。

SBIVC 板注文画面

30日に開催された決算発表会で北尾社長は、SBI VCトレードをSBI証券の子会社化することを発表。第2四半期からSBI証券傘下になることで、デジタルアセット関連事業のさらなる収益拡大に向けて、さまざまな取り組みを推進することを表明。SBI VCトレードの新サービスの開発・提供やグループシナジーの強化を図ると抱負を述べている。

VCTRADE Pro:https://www.sbivc.co.jp/pro/

CoinPostの注目記事

SBI 決算速報:仮想通貨取引所をSBI証券の傘下に、31日から「板取引」開始
SBIホールディングスの北尾社長は、ビットコインなど仮想通貨市場高騰を背景に収益力強化につながったと言及。デジタルアセット関連事業のさらなる収益拡大に向けて、さまざまな取り組みを推進することを表明した
SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら