CoinPostで今最も読まれています

金よりビットコイン(BTC)を多く保有しているー米著名投資家が語る仮想通貨市場展望

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米著名投資家 Novogratz氏|ビットコインが5000ドルを切るとは思わない
米仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタル社の共同創設者でCEOのNovogratz氏が、ビットコインを金より多く保有していることを明かした。アルトコインを含めた市場展望を語る。

ビットコインはデジタルゴールドとしての地位を確立しつつある

米仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタル社の共同創設者でCEOのMichael Novogratz氏(以下ノボグラッツ氏と表記)は、米CNBCの番組「Squawk Box」で、自身のポートフォリオで金よりビットコインを多く保有していることを明かした。

その上で、ビットコインが再び5000ドル(約53万円)を下回ることはないと見解を示している。

ノボグラッツ氏は、一般的な投資家のポートフォリオ配分に仮想通貨を入れることに対して、2%~3%を割り当てることを推奨している人物だが、自分自身での投資資産は金が7%、ビットコインはそれ以上の割合で保有しているという。

デジタルゴールドとしてのビットコイン

ノボグラッツ氏は、数ある仮想通貨の中でも、ビットコインは確実にデジタルゴールドとしての地位を確立しつつあると主張する。

一方で、グローバルスーパーコンピュータ「Web3.0」となるべく、熾烈な競争を繰り広げている、ユーティリティが重視されているイーサリアムやEOSなどの「信頼できる」プロジェクトは、現時点で明確に価値の保存手段として注目されるビットコインの時価総額とは離れてしまっている現状があると言及。どのプロジェクトが勝者となるかが明らかになるのは3年から5年後のことだろうと予測した。

その上で、ノボグラッツ氏自身が関わりを持つ音楽の著作権をトークン化するプロジェクトを例に挙げ、ブロックチェーン技術が普及し、デジタル化とトークン化が進む近未来が予想される中で、Web3.0の勝者となるプラットフォームは、非常に大きな成功を収めることになるだろうと現在のユーティリティを代表する主要クラウドプラットフォーム(アマゾン、マイクロソフト、アリババなど)と比較した上で述べた。

規制問題とリブラの功績

フェイスブックのリブラプロジェクトにより、世界の規制当局からの注目を集めた仮想通貨だが、ノボグラッツ氏は、投資家が仮想通貨へ参加するための顧客確認やマネーロンダリング対策等の規制は、アメリカやヨーロッパでは既に整いつつあるとの考え方を示している。

価値の保存手段としてのビットコインは、通貨としての米ドルと競合するものではなく、単に別の資産クラスとして認識される可能性が大きいため、政府が懸念の目を向けるのは、米ドルなどと競合しうるリブラのような通貨としての役割に近いステーブルコインの方だろうと述べた。

機関投資家が仮想通貨へ参入し始めている

米国連邦議会の公聴会やG7でも議論されたリブラの功績は、ビザ、マスターカード、ウーバーやペイパルといった大企業の参加を得ることで、仮想通貨に一定の信用に値するものだという認証を与えたことだという考えを明らかにした。

Fidelity Digital AssetsやBakkt等の仮想通貨業界への参入により、機関投資家が仮想通貨投資に参入するハードルが下がりつつあると主張している。

既にハーバード大学、イェール大学、スタンフォード大学などのアメリカのトップ大学基金が仮想通貨に投資を始めており、他の大学から投資への打診もあるとノボグラッツ氏は述べ、機関投資家が仮想通貨へ参入し始めている現状に言及した。

数多く機関投資家は、どのように仮想通貨投資へ参入すべきかを検討中だが、まず彼らはビットコイン投資から始め、その後他の仮想通貨へ対象を拡大していくと予想。その時こそ、仮想通貨相場の次なる上昇につながるものだとノボグラッツ氏は、強気の姿勢を貫いている。

参考記事:CNBC youtube

CoinPostの関連記事

「ビットコインは7000〜10000ドルのレンジ相場に」米有名投資家ノボグラッツ氏
米投資会社CEOがビットコイン価格予想を上方修正 背景には二つの理由
Novogratz氏が、ビットコイン(BTC)価格の展望を上方修正した。過去最高値更新の可能性を見ており、その背景に二つの理由があるとみている。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧