ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

09/25 (土)
中国の人気DeFiウォレットTokenPocket、同国で一部サービスを停止へ
中国発の人気仮想通貨ウォレット『TokenPocket』は24日、中国在住のユーザー向けに一部サービスを停止することを発表した。
09/25 (土)
韓国、仮想通貨取引所の半数以上が停止か廃業に=報道
韓国の仮想通貨交換業者のうち、現行通り営業を継続できるのは4社であることがわかった。同国では法改正により24日までに政府に申告しないと事業を継続できなくなっていた。
09/24 (金)
中国中央銀行、仮想通貨マイニングと取引規制について新たな取り締まりを命じる
中国人民銀行(PBOC)は24日、仮想通貨のマイニングと取引規制について新たな警告を発した。これに伴いビットコイン(BTC)価格が急落した。中国居住者をサービスにアクセスできるようにしている海外取引所も該当し得る。
09/24 (金)
米下院が「防衛予算法案」を可決、仮想通貨規制の明確化など含む
米下院は24日、80兆円超の防衛予算法案を可決した。仮想通貨市場に関する監督の条項も盛り込まれている。
09/24 (金)
金融市場の一斉反発で仮想通貨全面高、国内上場銘柄ではテゾス(XTZ)の上昇目立つ
中国恒大集団デフォルト(債務不履行)危機の後退により、ビットコインなど仮想通貨市場は反発。売り超過にあったアルト市場も買い戻しが相次いだ。現在の市況と堅調に推移するテゾス(XTZ)の背景を解説。
09/24 (金)
カナダ証券管理局、仮想通貨取引所の広告ガイダンスを発表
カナダ当局は、仮想通貨取引所に向けた、広告やマーケティング活動、ソーシャルメディアの利用に関する新たなガイダンスを発表した。
09/24 (金)
米投資企業Cambrian、ビットコインとイーサリアムの投資信託をローンチ
米カリフォルニア州の仮想通貨ヘッジファンドCambrian はビットコインとイーサリアムの投資信託をローンチした。Coinbase CustodyとAnchorageがカストディを担当する。
09/24 (金)
ドバイの特区で仮想通貨取引を推進へ アラブ首長国連邦の規制当局が合意
アラブ首長国連邦の規制当局は、ドバイの特区における仮想通貨取引を推進していくことに合意。規制整備や仮想通貨の上場などをサポートする。
09/24 (金)
ツイッター、ビットコイン投げ銭機能をリリース
米ツイッターは24日、仮想通貨ビットコインを含む投げ銭機能をiOSアプリに導入したことを発表した。
09/23 (木)
ASICマイニングとGPUマイニングの違い、必要な機材と採掘方法を解説
ビットコイン高騰に伴い、注目される仮想通貨マイニング(採掘)。ASICやグラフィックボードを使ったマイニングに必要な機材とやり方について解説。
09/23 (木)
ビットコインなど仮想通貨市場反発、FOMC無風通過と中国恒大グループ懸念後退で
テーパリング関連で警戒されていたFOMC終え、中国恒大グループが直ちに経営破綻・デフォルトするとの懸念後退でビットコインやアルトコインなど仮想通貨市場が反発した。現在の状況と今後の焦点を解説。
09/23 (木)
米クラーケンのアプリ、Apple PayとGoogle Payにも対応
米大手仮想通貨取引所KrakenはアプリのユーザーがApple PayとGoogle Payを使って銘柄を購入できることを発表した。
09/23 (木)
オランダ名門サッカークラブPSV、ビットコインを保有
オランダの名門サッカークラブPSVアイントホーフェンはスポンサー契約で受け取った仮想通貨ビットコインを今も保有している。
09/23 (木)
米ロビンフッド、仮想通貨ウォレットをリリースへ
米人気投資アプリのロビンフッドは仮想通貨のウォレット機能を10月からリリースする予定だ。
09/22 (水)
国内大手取引所bitbank、27日より仮想通貨取引の「逆指値注文」対応へ
イーサリアムやXRP(リップル)を含むアルトコイン取引で国内1位のシェアを持つ仮想通貨取引所bitbankは、27日より「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供開始を発表した。トレーダー需要の高い機能としてリクエストされていた。
09/22 (水)
ソフトバンクやゴールドマン・サックス、ブロックチェーンインフラ企業Blockdaemonに170億円出資
米ブロックチェーン関連企業Blockdaemonは21日、ソフトバンクの『Vision Fund 2』が主導する調達ラウンドで約170億円を調達したことを発表した。
09/22 (水)
仮想通貨保有に対する銀行の厳格な資本要件に反対する理由、GFMAが声明
JPモルガンなどが参加する金融業界団体が、バーゼル委員会の提案したビットコインなど仮想通貨に関する厳格な資本要件に反対を表明した。銀行の仮想通貨セクター参与のメリットを挙げ、規制案を修正するよう求めている。
09/22 (水)
ビットコイン一時4万ドル割り込む、中国恒大グループ情勢とFOMCが最大の焦点に
世界同時株安などリスクオフを受け、仮想通貨市場はビットコインが一時4万ドル水準を割り込んだ。デフォルト懸念高まる中国恒大グループ情勢のほか、FOMCのテーパリング観測が最大の焦点となっている。
09/22 (水)
ゴールドマン・サックスやコインベース、仮想通貨投資企業に45億円出資
米国の資産運用企業One River傘下の仮想通貨投資企業はシリーズAで、ゴールドマン・サックスとコインベースなどから45億円を調達した。
09/22 (水)
米コインベース、イノベーションが「コンプライアンス革命」を起こす
米コインベースは22日、同社のセキュリティを支える技術やプログラムを一般に公開すると発表。コンプライアンス部門の取り組みに関する研究論文も発表する予定がある。