Bitcoin [ビットコイン] BTC

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

Bitcoin(ビットコイン)は、サトシ・ナカモトという正体不明の人、あるいは組織が2008年に公開したホワイトペーパーが発端で開発がスタートした史上初の仮想通貨です。ユーザーの力を借りて運営されるピア・ツー・ピアの決済ネットワークであり、運営に銀行のような中央機関を必要としません。

BTC関連ニュース

09/27 (日)
盗まれた仮想通貨、ハッカーが一部売却へ
Kucoinのハッキング事件から1日、各仮想通貨(暗号資産)事業者が協力して、流出資金を取り戻す動きを続けている。一方で、出来高が増加した分散型取引所を利用して、一部の資産を売却する動きも確認されており、業界を網を掻い潜ろうとするハッカーの動きも見られている。
09/27 (日)
「来週は経済の重要指標発表が目白押し」bitbankビットコイン週間市況と各金融市場の騰落率
週明けからラガルド欧州中央銀行総裁発言、米GDP確定値などの重要指標発表が目白押しとなっており、外国為替市場主導でビットコインもボラティリティーが高くなる可能性がある。 株や貴金属を含めた各相場の週間・月間・年初来騰落率、仮想通貨取引所bitbankアナリストによる週間ビットコイン市場レポートを合わせてお届け。
09/27 (日)
「Liskのフォージング報酬半減、Filecoinメインネット起動準備へ」次週注目ファンダとTAOTAOアナリスト解説
Liskのフォージング報酬減少など来週の注目ファンダとビットコインのハッシュレート推移、難易度調整データを掲載。仮想通貨取引所TAOTAOの仮想NISHI氏の寄稿では、ビットコインのマイニング難易度調整について解説した。
09/26 (土)
米国で仮想通貨やCBDCについて意識調査、未だ現金に依存
仮想通貨マイニング企業Genesis Miningが金融について意識調査を実施、仮想通貨やデジタルドルについての設問も含まれていた。米ドルをデジタル化すべきという意見の割合は昨年の倍に増えた。
09/26 (土)
仮想通貨取引所KuCoin、ハッキング被害か
グローバル仮想通貨取引所KuCoinは日本時間26日に起きた多額の出金疑惑について、公式声明を発表した。ウォレットスタートアップ「MyCrypto」の分析によると、ビットコインなどの仮想通貨で約1.5億ドル相当の資産が出金された可能性がある。
09/26 (土)
仮想通貨採掘機器大手MicroBT、北米に向けたサプライチェーンを強化
中国の大手仮想通貨採掘機器メーカーMicroBTが、Foundryと提携し、北米に向けたサプライチェーンを強化する。また関税対策のため東南アジアに生産拠点を置く。
09/26 (土)
Willy Woo「ビットコインは伝統資産とデカップリングを起こす」
著名アナリストのWilly Wooが、ビットコインは近いうちに伝統資産市場とデカップリング(相関関係の乖離)を起こすとの見解を示した。その要因を分析している。
09/26 (土)
ブロックチェーンでツイッターの分散化へ ジャック・ドーシーCEOが今後のビジョンを語る
ツイッター社CEOのJack Dorseyが今後の計画を語った。改めてビットコインやブロックチェーンの分散性を高く評価し、ツイッターの未来像について説明している。
09/25 (金)
中国官報が異例の報道「仮想通貨は今年最もパフォーマンスに優れた資産」
中国の主要公式メディア(新聞紙・ネット新聞・テレビ番組)が同じ日に仮想通貨の今年の大盛況を報道した。理由は不可解なようだ。
09/25 (金)
「仮想通貨税制改正で資産ではなく通貨に分類すべき」イスラエル議員が新法案提出
仮想通貨に対する税制の見直しを求める法案がイスラエルで提出された。一定の条件を満たす仮想通貨を資産ではなく通貨とみなし、税率25%の対象外にするよう求めている。
09/25 (金)
仮想通貨ユーザー、世界で1億人突破=ケンブリッジ大学調査
ビットコインなどの仮想通貨を保有しているユーザーが世界で1億を突破していることがわかった。取引所による法定通貨のサポートで日本円へのサポート増加も顕著だった。
09/25 (金)
カナダ中銀「金融リテラシーの低い層ほど高い仮想通貨保有率」
カナダの中央銀行が8月31日に発表したレポートで、金融リテラシーが低い方が、暗号資産(仮想通貨)を保有する率が高いという結果が示され、論議を呼んでいる。
09/25 (金)
ビットコインなど仮想通貨市場反発、26日0時の「CME 9月先物SQ」に注意
売られすぎ水準にあった仮想通貨市場は前日比+3.82%の112.8万円と反発。相場変動率が上昇しがちなCMEの9月ビットコイン先物SQに警戒感も。
09/25 (金)
TRONブロックチェーン、ビットコインとイーサリアムをトークン化でDeFi分野狙う
仮想通貨トロンのプロジェクトとカストディ企業BitGoが戦略的提携を締結。ビットコインとイーサリアムをトークン化し、トロンのネットワークにおけるDeFiのエコシステム拡大を目指す。
09/25 (金)
ビットコイン以外の仮想通貨も「コモディティ(商品)」に──米国で重要法案提出
米国会に2つの新しい仮想通貨の関連法案が提出された。仮想通貨取引所のライセンス制度や新規上場の基準などを幅広くカバーしており、不透明性の強い有価証券問題の解消に繋がる可能性もある。
09/24 (木)
ビットコインアドレスの大半が含み益、実現時価総額では仮想通貨バブルを上回る
仮想通貨ビットコインのアドレスデータにおいて、含み益は全体の約76%(計2400万アドレス)を占めることがわかった。時価総額2位のイーサリアムのデータも明らかに。
09/24 (木)
コロンビア政府、仮想通貨取引にサンドボックス制度を導入──規制整備と技術革新の両立へ
南米のコロンビアで、企業が仮想通貨の取引を試験的に行えるプログラムが政府に認可された。サンドボックス制度を利用して、規制整備と技術革新の両立を目指す。
09/24 (木)
「BTC、XRP、XTZなど5銘柄」米著名投資家Tim Draperが保有する仮想通貨を明かす
ビットコイン強気派として知られるベンチャーキャピタリストTim Draperが、自身の保有する仮想通貨銘柄について初めて言及。BTC、XRP(リップル)、XTZなど5銘柄に投資していることを明かした。
09/24 (木)
イランの国有火力発電所、ビットコイン採掘業者に電力供給へ
イランの火力発電所がビットコイン採掘業者に向けて電力を提供開始、そのための入札を行うと発表した。イランでは既に1000以上のマイニングファームがライセンス登録されており、仮想通貨採掘を積極的に進めようとする国の一つである。
09/24 (木)
ビットコイン下落、米株や金市場に同調
24日の仮想通貨(暗号資産)市場は、全面安となった。ビットコインは軟調な相場を脱することができずに反落、日本時間6時に米ドル建1万ドル目前まで下落した。今後の下落の警戒ポイントも探る。