ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

10/16 (土)
国内仮想通貨企業Hyperithm、最大100億円規模のファンドを検討
国内仮想通貨関連企業Hyperithmは、最大100億円規模の仮想通貨ファンドの組成を検討していることがわかった。ビットコインなど3銘柄の組み入れを想定している。
10/16 (土)
米財務省、仮想通貨制裁回避の防止ガイダンスを発表
米財務省は、米国の制裁に関して、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界が法的遵守するためのガイダンスを発表。ランサムウェア攻撃に対する取り組みの一環ともなる。
10/16 (土)
米スクエア社、ビットコインの採掘システム開発を検討
米スクエア社は、仮想通貨ビットコインのマイニングシステム構築を検討していることが分かった。ジャック・ドーシーCEOが明らかにした。
10/16 (土)
日米欧30カ国、ランサムウェア対策で共同声明 中露を念頭
米ホワイハウスは、日本など30カ国が参加した仮想通貨などを利用したランサムウェア攻撃対策の会合において、共同声明を発表した。
10/16 (土)
米Bakkt、来週ニューヨーク証券取引所上場へ
米インターコンチネンタル取引所傘下の仮想通貨関連企業Bakktは、来週ニューヨーク証券取引所に上場する予定を発表した。
10/16 (土)
英ガーンジー管区、ビットコインETFを承認
イギリスの王室属領のガーンジー代官管轄区が資産運用会社Jacobiの仮想通貨ビットコインETFを承認したことが発表された。
10/16 (土)
豪州大手年金基金、仮想通貨投資可能に=報道
オーストラリアで5番目の規模の大手年金基金QICは、将来的に仮想通貨に投資することが可能になったことがわかった。
10/16 (土)
速報 米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初
米SEC(証券取引委員会)は米時間15日、ProSharesの仮想通貨ビットコイン先物ETFの申請を承認した。米国初のビットコインETFとなる。
10/15 (金)
ビットコイン約6万ドルまで急騰、CryptoQuant CEOはクジラの買いを指摘
仮想通貨ビットコイン(BTC)は15日に急騰し、約6万ドルに達した。オンチェーンデータは、クジラの購買行動が後押ししたことを示唆した。
10/15 (金)
JVCEA、仮想通貨のマネロン規制の改正案について意見を公募
日本暗号資産取引業協会は、仮想通貨交換業におけるマネロンやテロ資⾦供与対策に関する自主規制規則の改正案について意見の公募を開始した。
10/15 (金)
上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説
上場投資信託「ビットコインETF」が米国で初認可された場合、なぜ相場に大きな影響を与えるのか。主な特徴と重要ポイントについて初心者向けに解説。
10/15 (金)
速報 SEC、ビットコイン先物ETFを承認の方針か=ブルームバーグ報道
ブルームバーグは15日、米SECが「ビットコイン先物ETF」を承認する可能性が高いと報じた。BTC価格が急騰するなど市場価格に影響が出ている。
10/15 (金)
公共資源利用のマイニングや資金洗浄詐欺、中国各地で仮想通貨関連の摘発続く
中国当局の仮想通貨関連の摘発事例が続く。中国東部ではマイニング事業者が摘発されたほか、南西部では仮想通貨関連の資金洗浄詐欺グループの大規模逮捕に成功した。
10/15 (金)
米コインベース、仮想通貨規制について4つの政策提言
米最大手仮想通貨取引所コインベースは、ビットコインなど仮想通貨を規制する方法について政策提言を発表。新たな規制機関を設置することなど4つの方針を提案した。
10/15 (金)
老舗オークションハウス「サザビーズ」、独自のNFTプラットフォームをローンチ
老舗オークションハウスSotheby’sは15日、独自のNFTプラットフォーム『Sotheby’s Metaverse』をローンチした。
10/15 (金)
メキシコ大統領「ビットコインを法定通貨にしない」
メキシコのAndres Manuel Lopez Obrador大統領は仮想通貨ビットコインを国の法定通貨として採用しない立場を表明した。
10/15 (金)
米モルガン・スタンレーCEO「仮想通貨は生き残る」
米金融大手のモルガン・スタンレーのJames Gorman CEOは、仮想通貨の将来性について「今後も生き残る」と見解を披露した。
10/15 (金)
豪州、仮想通貨業界関連のETFが実現か
オーストラリアのETF運用企業BetaSharesは、仮想通貨業界関連のETFが数週間以内にオーストラリア証券取引所に上場する可能性があることを発表した。
10/15 (金)
米Bitwise、ビットコイン現物ETFの申請に再挑戦
米仮想通貨投資企業Bitwiseは14日、仮想通貨ビットコイン現物に連動するETFの申請を証券取引委員会に提出したことがわかった。
10/14 (木)
ビットコイン、トルコリラ建で最高値更新
再び高値に迫るビットコイン市場で、一足先にトルコリラ建で過去最高値が更新された。