ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

07/31 (土)
仮想通貨レンディング大手BlockFiに証券法違反の疑い、規制当局の指摘事例まとめ
【随時更新】ビットコインなど仮想通貨レンディング大手BlockFiが、米国の複数の州において証券法違反を指摘されている。各州からの指摘事例と同社の対応をまとめている。
07/31 (土)
約3兆円運用の米大手投資企業Wealthfront、ビットコイン・イーサリアム投資信託にも対応
米大手投資企業ウェルスフロントはグレースケールが提供する仮想通貨ビットコイン及びイーサリアムの投資信託への対応を発表した。最大でポートフォリオの10%まで運用可能だ。
07/30 (金)
国際通貨基金、デジタル通貨の管理戦略を発表 監視強化の流れは加速するか
国際通貨基金はデジタル通貨に対応する戦略について新たな論文を発表。政府及び民間発行のデジタルマネーの普及が拡大する中、IMFがその役割を遂行するためには、どのように対応するべきかを論じた。
07/30 (金)
イーサリアムなど主要アルト活性化、国内大手コインチェック取り扱い銘柄がほぼ全面高に
ビットコインが4万ドルの節目で揉みあう中、イーサリアムやリップルなど主要アルトへの資金流入が増加している。国内初のIEOのパレットトークン(PLT)をはじめ、コインチェック取り扱い銘柄は全面高となった。
07/30 (金)
ビットコイン先物運用ファンド、米大手投資企業ProFundsが提供へ
投資企業ProFundsは、仮想通貨ビットコインのファンドを米SECに登録。主にビットコインの先物に投資をしながら、運用していくという。
07/30 (金)
「今後もビットコイン購入を続ける方針」マイクロストラテジー社 2Q決算説明会
米投資企業マイクロストラテジー社が2Qの決算資料を公開。最多の仮想通貨保有量を誇る企業は今後もビットコインを買い増しする方針を示した。
07/29 (木)
仮想通貨投資家が注目したいマイニング関連データ
マイニングYouTube番組、第5回は「仮想通貨投資家が注目したいマイニング関連データ」についての動画をお送りします。
07/29 (木)
ビットコイン市場におけるレバレッジファンドのポジション動向を分析 ショートポジションの減少要因は
先物(金、原油)の元プロップトレーダーが、ビットコイン市場におけるレバレッジファンドのポジション動向を年初来から分析 ショートポジションの減少要因などを考察した。
07/29 (木)
bitFlyer+ふるさと納税|ビットコインとお得な特典を二重取り
仮想通貨取引所bitFlyerが提供する「ふるさと納税」サービス「ビットコインをもらおう」について解説。節税で手に入るご当地グルメなどの返礼品と、ビットコインを二重取りできる方法を初心者にもわかりやすく説明しています。
07/29 (木)
老舗マイナーGenesis社、欧米でビットコインマイニング事業強化へ
ビットコインマイニングの古参企業Genesis Digital Assets社が140億円相当の資金調達を完了。米国および北欧地域に新たなデータセンター建設のための資金に充て、2023年までに仮想通貨マイニングの出力向上を図る。
07/29 (木)
ビットコイン一服する中XRP(リップル)は前日比+10%上昇、コインチェックにパレットトークンが初上場
トレンド転換を期待されるビットコインは4万ドル付近で一服、好材料を背景にXRP(リップル)価格が上昇した。また国内第一弾IEOとして、人気化したパレットトークン(PLT)がコインチェックに上場した。
07/29 (木)
スイス大手銀UBS、欧州で仮想通貨ETPの関連サービスを提供=報道
スイスの投資銀行大手UBSは欧州で取引される仮想通貨の上場取引型金融商品の清算およびセルトメントサービスを提供していることが報じられた。
07/28 (水)
持続可能性重視の米ビットコインマイニング企業Stronghold、100億円規模のIPOを計画 
米ビットコインマイニング企業Strongholdが新規株式公開で1億ドルを調達しようとする計画だ。石炭廃棄物による電力を用いた、持続可能で環境に優しい事業を謳う会社である。
07/28 (水)
ウォーレン米議員、財務長官に仮想通貨規制の推進を要請
ウォーレン米上院議員は、仮想通貨が金融システムにもたらすリスクが増大しているとして、イエレン財務長官に宛て、規制推進を主導するよう求める書簡を送った。
07/28 (水)
ビットコイン再び4万ドル台回復、トレンド転換の予兆あり
仮想通貨市場ではビットコインが4万ドル台を再び回復するなど上昇基調を強め、アルト市場にも資金が流入している。各指標では、トレンド転換の予兆が確認された。
07/28 (水)
投資アプリ米ロビンフッドのCEO、未登録でFINRAが調査へ
米ロビンフッドのCEOが、FINRA未登録の件で規制団体から調査を受ける見込みであることが分かった。ロビンフッドは間もなく新規株式公開が予定されている。
07/27 (火)
IMFエコノミスト「ビットコインの法定通貨化はリスクがリターンを上回る」
IMFのエコノミストが「仮想通貨の法定通貨化はリスクやコストが利益を上回る」と論じる記事を発表した。ビットコインを法定通貨にすることを決めたエルサルバドルの動きを念頭に置いたものと考えられる。
07/27 (火)
ビットコイン一時4万ドル台復帰も反落、オンチェーンデータは弱気から脱せず
昨日急騰したビットコイン価格は一時4万ドル台を復帰するも、米Amazonのリーク情報否定などもあり大幅反落した。オンチェーンデータは弱気から脱していないが、底打ち反転を示唆するデータも見られる。
07/27 (火)
テスラ社Q2決算発表、4月以降のビットコイン売却は確認されず
米電気自動車(EV)メーカーのテスラが、ビットコインをQ2(4-6月)で売却していないことが、決算資料でも明らかになった。
07/27 (火)
アマゾン、「年内のビットコイン決済導入計画」報道を否定
ブルームバーグは27日、英City A.M.紙が関係者の内容として報じた「アマゾン社の仮想通貨(暗号資産)関連ビジネス計画」に関する内容について、同社が否定したと報道した。