バイナンス調査レポート「仮想通貨業界参加者が成熟してきたサイン」

バイナンス月次レポート
バイナンスが最新月次レポートを公開。セキュリティトークンが業界の転換点としての役割を果たす可能性を指摘したほか、OTC取引からのビットコイン及びアルトコイン市場の需要遷移にも言及した。

バイナンス月次レポート

仮想通貨取引所最大手バイナンスの調査部門が最新月次レポートを公開した。

レポートによると、7月は1万ドル近辺をレジスタンスとして推移したビットコインの歴史的なドミナンスの高さと、時価総額が中小規模のアルトコインの出来高の低さが顕著に現れた点で、そこから読み取れるのは、先行きが見えない状況の中、資産の割り当てに警戒感を抱く投資家の姿だという。

分散型金融(DeFi)業界の動きでは、ステーブルコインUSDCのローン数が増え、Makerの発行するDAIのドミナンスに迫っているという極めて重要な動きが見られた。しかし、イーサリアムだけでなく他の通貨も担保となるDAIが今後リリースされると、このような動きはまた変化するとバイナンスは見ている。

一方、仮想通貨をウォレットに保管することで報酬を得るステーキングは、個人及び機関投資家から、仮想通貨のユースケースの一つとして徐々に注目を集めていることが、バイナンスが新しく提供するサービスへの反応からもうかがえるという。 そして、このような動きは業界参加者が成熟してきたサインと解釈できるかもしれないとレポートでは述べた。

さらに、セキュリティトークンがこれから業界の転換点としての役割を果たす可能性を指摘。 その背景として、業界内では、セキュリティトークン発行プラットフォームPolymathが、完全に規制に準拠するSR20トークン開発の取り組みを公表したこと、また、各国の規制当局がセキュリティトークンとオンチェーンの資金調達に関する今後の規制方針について議論していることを事例に挙げた。

英国ポンドに連動する新しいステーブルコインBGBPの登場に関しては、BGBP / USDC取引ペアによるブロックチェーンに基づいたFX取引が可能になることや、裁定取引、米ドルエクスポージャーへのリスクヘッジ、GBPでの利確など、トレーダーにとっての選択肢が多様化してきた状況もでてきたと、業界における複数の進展を取りあげた。

バイナンスDEX

7月に41の取引ペアが追加されたバイナンスDEXは、一般取引所であるBinance.comよりも流動性がはるかに低いにもかかわらず、7月の平均日量が740万ドル(約7億8645万円)だったと報告している。これに対し、イーサリアムベースの分散型取引所では通常の平均取引量が100万から200万ドル(約1億630万円~2億1260万円)未満だという。

その結果、バイナンスDEXの7月の月間取引量の合計は、2億2,900万ドル(約233億3800万円)となり、取引量で見ると世界最大の分散型取引所となる。

借入市場と貸付市場

バイナンスは7月に、マージン取引に関するAPI機能(資産の移動、資産の貸し出し、借入可能な資産の返却、注文の送信/キャンセル)の追加、ならびに、証拠金取引に、EOS、ChainLink(LINK)、Ontology(ONT)、およびCardano(ADA)の4つの新しい通貨の追加を行なった。 その結果、トレーダーは、より複雑な投資戦略を構築できることになると言う。

バイナンスと分散型金融(DeFi)の次のような金利比較を行ない、バイナンスで借り入れ、その借り入れたコインを取引した方が、より低いコストでの運用ができると述べた。

バイナンスの借入金利(年):7.57% から11.57%​

DAIの安定料: 20.5%

USDCの借入金利 14%

DAIの借入金利:17%

OTC取引からの視点

高い流動性を強みとするBinance Tradingからの視点もこのレポートで同時に発表された。

7月は規制および政治面からのニュースが多く、リブラの公聴会や米トランプ大統領の仮想通貨に対する否定的な一連のツイートが注目を集めたが、業界では単に仮想通貨の知名度を上げるものとだという声が多く聞かれた。 また、韓国大統領が釜山市を規制のないブロックチェーンゾーンとして指定するなどの肯定的なニュースもあった。

そのような中、7月は市場調整の月となったようだ。

ビットコインは価格は下落したものの、月初の61.5%から月末には64.5%へと大きくドミナンスを伸ばしている。バイナンスは、投資家は2017年末のような価格の上昇は見込んでおらず、先月の価格修正はおそらく自然発生的なものだろうとしている。

小売市場は5月、6月に大きな資金流入を見るとともに時価総額も増加したが、7月には減速したという。同様に、OTC取引でも月初にはアルトコイン取引が盛んだったものが、月半ばにはビットコイン価格の下落に時期を同じくして、ビットコインとステーブルコインへと注目が移り、月末には、ステーブルコイン間の取引(例:USDC とPAX)が盛んになり、裁定取引のチャンスを生かそうとする投資家の動きが見られたと述べている。

ビットコインのドミナンスは7月末時点で、2017年初頭以来最も高くなっているが、いずれ50%から60%という範囲に戻ると、アルトコインが再び巻き返すとバイナンスは見ているようだ。

CoinPostの関連記事

バイナンスCEO「次の(仮想通貨)アルトバブルは”机上の空論”では終わらない」
バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏が、2017年の次のアルトシーズンについて独自の見解を述べた。現在の仮想通貨市場はビットコイン(BTC)ドミナンスが高止まりしており、アルトへの資金流入については、賛否両論渦巻いている。
急騰していたビットコイン(BTC)に急転直下のナイアガラが発生、その背景は?|仮想通貨昼市況
約3週間ぶりの130万円台に到達するなど上昇局面にあったビットコイン(BTC)が昨晩から急反落、一時10万円幅以上の下落を見せた。国際金融市場の最新動向を踏まえ再び「買い」も観測される中、2つの観点から急落要因を独自分析。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら