29日のビットコイン急落の原因を探る、クジラがCMEで「ダンプ」か

BTC急落の原因を探る、クジラがCMEで「ダンプ」か
複数のアナリストはCMEビットコイン先物SQと現物市場における低い出来高が、BTCが1万ドル台➡︎9,300ドル台(8月の最安値)まで下落した要因としている。

BTC急落の原因を探る、クジラがCMEで「ダンプ」か

29日に1万ドルを割ったビットコイン(BTC)は過去72時間において、9,800ドル以下で価格が推移している。8月の最安値として9,300ドル台をも記録した。

なお現在、9,600ドルのラインで取引されている。

関連デッドライン瀬戸際にあるビットコイン(BTC)、下落した場合の次のターゲットは

この急落を引き起こした理由を探っているアナリストや投資家が多くいる中で、アナリストDave Balterは米Fortune誌でビットコインのCME8月SQが8月31日になるため、ビットコイン先物契約の大量売却による相場のクラッシュの可能性が高いと話した。

そして、米投資ファンドArcaのCIOはCME先物の期限だけでなく、現物ビットコインの低い出来高も急落した要因に加わっていると分析した。出来高が低いと、大口による動きは市場に影響を及ぼしやすくなると見られる。

さらにSQを迎えるのはCMEのビットコイン先物だけではない。大口トレーダーに好まれるビットコインデリバティブ取引所DeribitのオプションSQは8月31日だった。

人気投資プラットフォームeToroのアナリストSimon Petersも英Independent紙にて同じような分析を行なった。

参考資料:Independent

CoinPostの注目記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら