テザーの新規発行「残り10億ドルか」 金や石油ペッグの仮想通貨発行へ計画変更を示唆=Bitfinex大口株主

テザー社の発行計画
テザー社が、USDTのドミナンスを抑制で、発行を50億ドルまでに留まらせる可能性があることがわかった。新規発行には、新たに金や石油にペッグするステーブルコインの発行を検討しているという。

テザーがゴールドや石油ペッグのステーブルコインを発行か

USDTの発行を手がけるテザー社が、ゴールド(金)や石油などにペッグするステーブルコインが発行される可能性が見えてきた。Bitfinex社の大口株主Zhao Dong氏がWeibo上で中国メディアの取材で明した内容を投稿した。

Dong氏によると、今後、テザー社が様々な商品を基軸とするステーブルコインを検討しているという。

現在、米ドルペッグで発行されるUSDTだけでステーブルコイン市場のおよそ80%を占めしていることから、現在流通する約40億ドルのUSDTの発行数量は10億USDT増に当たる50億ドルに留め、中国元やゴールドなどの新市場への市場拡大を模索しているとコメントした。

10億ドルがUSDTの新規発行で一定の目処となることは新たに明らかになった情報だ。

今回行われたDong氏の発言は、オフショア人民元(CNH)にペッグする新たなテザーステーブルコインが近いうちにローンチする可能性が高いとした先日の発表に続く発言となる。

関連オフショア人民元のステーブルコイン

CoinPostの注目記事

テザー社がニューヨーク裁判所の判断に声明文、上訴する姿勢を明確に
テザー社はニューヨーク裁判所の「NYAGに管轄権あり」判断に対して、上訴する姿勢を示す声明文を発表した。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら