CoinPostで今最も読まれています

米Paxos、金本位の仮想通貨を発行へ イーサリアムブロックチェーンを活用で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゴールドをデジタル資産へ
ステーブルコイン発行企業Paxosが、ゴールドにペッグした仮想通貨をローンチした。ゴールドの重さという問題を解決して利便性のある資産を提供し、従来のゴールド投資家を仮想通貨領域へ呼び込むことも目的とする。

ゴールドにペッグした仮想通貨

ビットライセンス取得するステーブルコイン発行企業Paxosが、金本位のステーブルコインを発行する。ブロックチェーン上で金(ゴールド)を発行できれば、その最も有名で貴重な金属「金」を支持する人々もデジタル資産に興味を持つきっかけになると主張した。

仮想通貨貸付サービスの有名企業らもこのプロジェクトに賛同しているという。

ニューヨークを拠点にするPaxosは9月5日に、ゴールドに裏付けられたデジタル資産「PAX Gold(PAXG)」のローンチを発表した。PaxosのCEO Charles Cascarilla氏は、PAXGは金1オンスと1:1の割合でペッグされると説明。ニューヨーク州金融当局(NYDFS)の認可を取得済みで、Paxosの取引所「itBit」にて、ドル建てで購入できるようになる。今後は他の取引ペアも上場を予定するという。

Paxosでは、様々な商品や世界中の金融資産をトークン化するという目的を持っており、ゴールドのトークン化もその目標までのプロセスと見られる。

PAXGは、資産としてゴールドが抱える最も大きな問題の1つである「重さ」を解決できる糸口になると説明する。「ゴールドは重くて運ぶのが困難なため、その価格に注目している投資家でも、直接ゴールドをトレードをしたり所有するより、他のデリバティブ商品を選択する」とCascarilla氏は語った。

PAXGの活用方法

Paxosは、イーサリアムブロックチェーンを活用することによって、PAXGがトレードに適した本物のゴールドとして扱われることを望んでいるという。

PAXGの取引がより活性化することは、投資家のポートフォリオに多様性を提供できるほか、仮想通貨市場内にリスクヘッジ手段が多様化することにも繋がる。出来高が低く、ボラティリティの高い仮想通貨市場では、金融市場のリスクオフムードで、仮想通貨市場外へ資金が逃げる傾向にあったが、市場内でゴールドと同等の価値をもつ資産への資金逃避ができる可能性がある。

Paxosは、NYDFSの取得を得ているため、ニューヨーク住民もPAXGの売買や所有が許可されている。

PAXGの可能性

PAXGには、仮想通貨貸付サービスの大手企業であるGenesis Global TradingとSALT Lendingが興味を示した。SALT Lendingは担保の1つの選択肢としてPAXGを採用する予定で、Genesis Global Tradingは貸付の保証金として利用する予定だという。

Genesis Global Capitalのビジネス開発部のトップ Matthew Ballensweig氏は、「PAXGを活用すれば、流動性と新たな金融サービスを機関投資家に提供できる。従来のゴールドの投資家もPAXGを所有することによって利益を得ることを望むと信じている。PAXGを担保にして現金を借りる人も出てくるだろう」と語った。

SALT Lendingの幹部Cascarilla氏とRob Odell氏は、PAXGを利用してゴールドに投資したり、ゴールドを所有することによる利便性は、仮想通貨とゴールド両方の投資家を引きつけることができると考えているという。

Odell氏は、「ビットコン(BTC)をデジタルゴールドと呼ぶ人も多いが、PAXGの誕生によって、投資家はデジタルと形あるゴールドの両方を所有できるようになった。そして、ビットコインと同様の効率的な方法でゴールドを管理できるようにもなっている」とコメント。「PAXGはゴールドの活用方法を根本から変える。ゴールドの歴史における目覚ましい発展だと思っている」と金融市場と仮想通貨市場の互恵関係を語った。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
記事提供:THE BLOCK
著者

Celia Wan

THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア