バイナンスのBTC先物、依然好調 24時間出来高が183億円相当に

バイナンスのBTC先物が依然好調に推移
バイナンスのBTC先物取引の24時間出来高が約1.7億ドル(約183億6000万円)を超え、開始から好調な取引高を維持している。今後一般公開を行うことで、更に出来高が増加の可能性がある。

バイナンス先物の24時間出来高が約1.7億ドルに

バイナンスのビットコイン先物取引高が依然好調に推移していることがわかった。24時間出来高が約1.7億ドル(約183億6000万円)を超えたことを仮想通貨の先物市場データを提供するskewがツイートで明らかにした。

skewが作成したグラフによると、24時間出来高が一番多かったのはBitMEXで、約25.2億ドル(約2,721億円)。2位に日本のbitFlyerと続き、これら2つの取引所が占める出来高シェアが圧倒的であることを改めて示した。

一方、今月9日にデリバティブ取引を開始したばかりのバイナンスは、24時間出来高も約1.7億ドル(約183億6000万円)と好調な滑り出しですでに5位に付けている。

ビットコイン先物の取り扱いを開始したばかりのバイナンスだが、今月9日から10日にかけてのバイナンスの24時間出来高は約1.5億ドル(約162億円)であったが、最新の24時間出来高と比べると0.2億円ドル増(21.6億円)と、出来高は増加傾向を維持している。

バイナンスの出来高は今後増加する可能性あり

また、今までのバイナンスのビットコイン先物は招待客限定であったことを留意すれば、今後の24時間出来高は増加する可能性がある。バイナンスは日本時間で昨日13日の午後1時から招待客限定であったビットコイン先物取引所を正式に開始しており、加えて最初の3ヶ月は手数料が50%オフになるキャンペーンも実施。今後の出来高の推移に注目していきたい。

CoinPostの注目記事

最大手バイナンス、先物取引所「Binance Futures」と「Binance JEX」を正式ローンチ
先物取引所コンペを実施した2つのバイナンスプラットフォーム「Binance Futures」と「Binance JEX」が両方ローンチされた。取引手数料50%割引キャンペーンなども行われている。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/10更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら