米大手仮想通貨決済企業BitPay 年内XRP(リップル)対応に

BitPayがXRPをサポートへ
BitPayはXpringと提携し、2019年末までにリップル(XRP)のサポートを開始する。IT最大手Microsoft等のグローバルな販売店の決済にXRPを利用することが可能になる。

BitPayがXRPをサポートへ

米大手仮想通貨決済サービス企業BitPayが、2019年末までにリップル(XRP)のサポートを開始することが分かった。

BitPayはリップル社の投資部門「Xpring」とパートナーシップを締結し、自社のプラットフォームでXRPを利用することが可能になるという。サポートが開始すれば、提携する企業や小売店でXRPでの支払いができるようになる。

BitPayのプロダクト責任者Sean Rolland氏はXRPについて、「処理が速く、コストが抑えられる決済手段だ。スケーラビリティも高い」と説明している。

今回のパートナーシップによってBitPayのウォレットユーザーも同社のプリペイドカードと合わせて、XRPの所有や決済の利用が可能になる。

BitPayは先月、イーサリアム(ETH)のサポートを発表したばかりだ。その他にも、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)に加え、サークル社が発行するUSDC、ジェミニドル(GUSD)、Paxos Standard Token(PAX)の3つのステーブルコインにも対応している。

関連BitPayがイーサリアムをサポートへ

BitPayは昨年、IT最大手Microsoftや米ファンタジースポーツプロバイダー大手のFanDuel等のグローバルな販売店を通し、10億ドル超(約1072億円)の決済を処理した。仮想通貨による支払いの規模はまさに拡大しつつある。

BitPayのCEOのStephen Pair氏は同社の事業について、「BitPayの企業向けサービスはこれからも急速に成長する。世界の多くの地域で、銀行の電信送金よりも安く、速いソリューションを提供していく」と語っている。

関連XRP利用のxRapid、9月にかけて送金高が急拡大


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら